日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やけくそ靖国問題論

 八月十五日に(この日を「終戦記念日」といいますが、言葉が曖昧です。「敗戦日」と呼んだ方が自然だと思っています)小泉首相が参拝に行かれるのは、ほぼ確実といわれています。かねて公言の信念であり、また次の首相に対する援護射撃でもありましょうが、すでに「小泉の参拝より安倍の参拝の方がタチが悪い」と太鼓を叩き始めた人もあるようで、この問題は終息する気配がありません。
 日本の総理は、外国に要求される限り、これを「外交カードにはさせない」という意思表示の為に、是が非でも参拝を続けなくてはならない袋小路に追い詰められているように見えます。この場合、責任ある立場の人が参拝を回避できないのは当然で、責任ある立場にない人には、そこが狙い目なのでしょう。「靖国」は「安倍総理」を阻む、あるいは短命に終わらせる最後の切り札に見えるのかもしれません。
 しかし、この問題は諸刃の剣となります。
 つまり一部の間で議論されている間は反総理の武器になりますが、世論を巻き込む本格的議論に成長してしまうと、靖国参拝賛成派がおそらく圧倒的に多くなるだろうからです。
 国内的に「靖国問題」は歴史の議論に過ぎません。現在の特に「関心のない」状態はその為です。しかしこの問題を強く国内で突き詰めて行けば、靖国ウェイトが軽いぶん、反中共、反韓、新保守、新しい歴史認識、といった最近の要素が大きく作用して来る事でしょう。その結果として靖国を国内問題ではなく、外交問題として捉える「参拝賛成派」が圧倒的となるだろうとRotaは考えているのです。副次的結果として「占領軍による歴史認識からの解放」がいっそう促進されるかもしれません。
 この問題が本当に総裁選の争点となってしまったなら多くの議員が困惑するでしょうが、Rotaはそうした混沌を密かに期待しています。

 閑話休題:ところで中共のアメリカ議会における(札束飛び交う)ロビー活動は有名ですが、日本の政治家にも当然・・・と勘ぐるのはおかしいですかね?チョット落ちぶれた議員さんの中に、どう考えても異様な主張をする方もいらっしゃるように思えるのですが・・・・(´Д`υ)・・・・ま、政治資金の流れはだいぶ透明になっているそうですから、そんなことはないと信じたいですネ。

 こうした歴史認識がらみの問題を解決に導くには、結局、日本の将来の人材を育てる教育の場が非常に重要であることに気付かされます。で、その教育の場に深く根をおろす日教組を問題とする人が多いのも当然です。共産社会主義諸国の実態が寡占独裁の先軍・全体主義であったことは、共産国家の崩壊とその資料の流出で、いまや歴史的事実となりました。秘密警察、ラーゲリ、民族浄化・・・・左翼思想に染まって害悪を流してきた組織は、何はともあれ、少なくとも自己批判をし、その目指してきた所のものが間違いであったと宣言すべきです。共産党、社民党にいたっては、何をかいわん。政党といえば、民主党もだいたい根性がありません。どうせなら反皇室を謳って共和党とでも名乗ったらインパクトもありましょうがね。自民以外に政権政党がないようでは「一党独裁」と他所の国を笑おうにも笑えませんぞ。自民と合体している某党については(略・・・・と、ここまで言ってしまうと後は野となれ山となれですなぁ・・・これぞ「やけくそ」というべきものでありませう (-∧-;) 南無南無
[PR]
by rotarotajp | 2006-08-13 08:16 | 時事