日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2007年 06月 04日 ( 1 )

山寺の和尚

 ある人のBlogに

山寺の 和尚さんは
毬は蹴りたし 毬はなし
猫をカン袋に 押し込んで
ポンと蹴りゃ ニャンと鳴く
ニャンが ニャンと鳴く

という童謡が取り上げられていたので一筆。

「山寺の和尚さん」(昭和12年)作曲:服部良一、作詞:久保田宵二
(曲の方は著作権保護期間中)

 この年は死のう団、ゲルニカ爆撃、盧溝橋事件と世相も煤けております。
 まるで踊り念仏のような、どこか狂笑を感じさせる歌詞。
 名詞だと思います。

 一番よりも二番が切なくて―

入り婿の 旦那さん
酒は飲みたし 酒はなし
渋茶徳利に 詰めこんで
グッと飲んで ペッとはく
ペッが ペッとはく

 外国に住む「ある人」に聞いた話では、知人の家で飼い猫が死んだ時「どうするのかな?」と観察していたら、死骸を袋に入れてゴミ箱直行だったそうです。
「ちょっとショックだった」と普段はそうしたことをいわない気丈な「ある人」はいっておりました。

 赤毛のアン・シリーズの何冊めだったかにも、生まれた子猫をアンが始末する場面が出てきます。場所や時代によって動物への考え方は様々です。今のジュブナイル物に「子猫殺し」の場面を載せたら、まず出版社は買ってくれないでしょうね。

「山寺の和尚さん」の時代には「動物虐待」などという概念はなかったことでしょう。
 仏教的な「殺」に対する禁忌が強かった時代ではないかと思います。
「ネズミを殺す猫を和尚がいじめる」という場面は、そういう観点からは勧善懲悪的であり、和尚には相応しくない行為という意味において、滑稽と感じられるのではないでしょうか。
[PR]
by rotarotajp | 2007-06-04 19:43 | 私事