日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2008年 08月 09日 ( 1 )

テレビをみて

 100億円近くをつぎ込んだというオリンピック開会式。100億でも史上初だそうですが、それが200億も、300億も使ったように見えました。ボランティア?の力でしょうか。

 オリンピックの開会式は国家のCMです。本当は違うのでしょうが、そうした意味で捉えることもできそうです。

 じっとテレビを見つめているうちに、東京は立候補を取り下げた方がいいのでは?と思いました。何をどうやりくりしても、ああいったモノを民主国家でやるのは無理ですし、仮にやったとしても、同じアジアの国として、北京の縮小版に堕するのは避けられないように感じます。
 それに、これはどうかよく知りませんが、あの規模の演出が出来る方も日本にはおられないのではないでしょうか。
 つまり国家の逆CMになりかねないような気がします。

 しかし・・・それにしても・・・
 あの国が本当に共産国家でしょうか?
 共産主義の国家なのでしょうか?
 今回の開会式は、過去の歴史に主題を求めている点で、一時期大陸を支配した共産主義の残滓との決別宣言にも見えました。

 どちらに行くにせよ、かの国にとっては一つの分水嶺ではあるのでしょう。

 ナチはベルリン・オリンピック中ユダヤ人の迫害を禁止して、良識の国となることを約束したかに思えましたが、その後豹変しました。
 中共のとる道、その今後の評価は、オリンピック後、チベットやウイグルで何が行われるかにかかっていると思います。

 ところで各国のメディアがオリンピックで枠を埋めている時に、ロシアはグルジア領を空爆。戦車部隊も展開されているそうで、戦争不可避です。問題となっている南オセチア自治州の扱いは非常に微妙で、ロシア側のインタファックスはグルジア側からの自治領侵攻と報道しています。もうこの辺の民族問題や政治問題はぐちゃぐちゃ過ぎて勉強する気も失せます。チェチェン問題といい、コーカサスは新生ロシアのアキレス腱ですね。
[PR]
by rotarotajp | 2008-08-09 02:06 | 時事