日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:時事( 281 )

妖怪VS御曹司

 来週早々、プーチン首相と麻生首相の会談があるそうです。
 片や東ドイツで大ソ連帝国の崩壊に立会った、KGB諜報部の叩き上げ。これまでに何人殺してきたのか、とにかく正体の掴みづらい大妖怪。片やクレー射撃ではじめて世間並みの競争を体験したかのごとき事をおっしゃる世襲名門の総理。九州中堅財閥の当主であらせられる。
 金持ち強いか貧乏人が勝つか、大変興味があります。そりゃ双方に強みと弱みがあるでしょうから。
 
 議題はグルジアか北方四島か、六カ国会談か、はたまた金融経済危機か。
 選挙も近い今の会談は政治臭なきにしもあらず。
 もうすぐお辞めになるかもしれない総理と首脳会談(ホントは「首脳」って違うのかな・・・)って、よくわからない。逼近の課題があるとも思えないし、どうせなら九月以降、選挙の後の方がいいでしょうに。

 プーチン首相に続いて、続々と首脳が訪日されるようなら(オバマ大統領は・・・さすがに無理かな)もうこれは選挙対策用の顔見世興行が少々混じっていると勘ぐられても仕方がないように思います。
 いくらで買った(何を売った)興行だい?と問い詰めたくなりますが・・・「重要な」議題は常にあるのでしょうから、そうとばかりも言い切れない。
 どーなんでしょ?
 米は北の核実験続行予告に「重大な結果を生む」と警告したそうな。つまり攻撃のことなのでしょうね。やっぱり。
 アメリカは日本や韓国が消えてなくなっても平気だろうなぁ。

 わが日本の希望の星、エース・ストライカーはあの人である。と、思うと、少々不安ですが、健闘を祈りたいと思います。ドカンとゴールを決めて大妖怪をギャフンといわしてもらいたいもの。

 大妖怪などと書いてしまいましたが、西洋に置き換えていってみると、007がイギリスの首相になって、崩壊寸前の国家と女王陛下を救ったようなモノ。ロシアでの人気がズバ抜けているのもうなずけまする。
[PR]
by rotarotajp | 2009-05-08 20:22 | 時事

フィアット

 最近フィアットの名をよく見ます。
 フィアットはイタリア・トリノに本拠を置くイタリア資本主義の牙城のような存在で、もちろん第一義的にはイタリアを代表する車メーカーであります。ルノーやプジォーばかり走っているフランスの国境をまたいでイタリアに入ると、今度はフィアットばかり走っています。イタリアの国民企業なんですネ。
 欧州というのはEUになってからも地域根性というか、愛国心が根強く残っているようで、例えばイタリアでドイツ車などに乗っていると「なんでドイツ車?」という顔をされることもあるようです。名前からしてそのまんま、という車はドイツのフォルクス・ワーゲンですかね。ヒトラー総統の命令でつくられた国民車。フォルクス、というのは訳が難しいそうですが、英語だとフォークです。日本でいえば郷土民車みたいな響きがあるのではないかと思います。そんな名前の車がまだブイブイ走っている。
 そういえば007がイギリス車に乗らず、外国車に乗っていたというので政治問題になりかけたこともありました。
 さて、イタリアのフィアットがアメリカの大企業、クライスラーを救済する。
 イタリア人にはこたえられないのではないでしょうか?
 なにせバチカンをローマに抱えるイタリアは、われこそは欧州の中心という意識を持っています。(もちろんバチカンはイタリアでもローマでもありませんが・・・)
 過去、ローマこそは全欧州を統一する存在でした。ドイツの皇帝は「カイザー」を名乗ります。これはローマ帝国のシーザー、カエサルです。ナポレオンのエンペラーもローマの「支配者/帝」(インペラトゥールでしたっけ?)を意味する言葉から来ています。神聖ローマ帝国はもちろんローマのお鉢を継いでいる。
 ローマこそは世界首都であり、その世界首都を抱えるイタリアは世界の中心的地域であるはずなのです。
 その偉大な国が、ローマ帝国の崩壊以降ずっと列強の食い物にされてきました。
 イタリア人はもっぱら出稼ぎで生計を立てざるを得ない。優秀な人間はフランスやスペイン、ドイツ諸侯の宮廷に出向いて出世をもぎとりました。
 大戦後は新興国のアメリカにまですがって生きる始末。
 映画「ゴッドファーザー」で通り過ぎるGIに「アメリカに連れて行ってくれよ」と頼む若者が出てきますが、それほど落ちぶれてしまった。
 そのイタリアの老舗企業が、ついにアメリカの大企業を救う。
 バルルスコーニ氏は女性問題で奥さんに三行半を突きつけられているということですが・・・政治はともかく、経済界には長年の溜飲を下げている大物がきっといることだろうと思います。
[PR]
by rotarotajp | 2009-05-04 19:55 | 時事

けろっけろ

 第5福竜丸の被爆はいまだに反米運動の理由の一つとなっているようですが「中国核実験で19万人急死、被害は129万人に 札幌医科大教授が推計」という記事を読むと、これまたひどいもので、日本人の被害者もいるかのように書かれていますから、もしこの事実が確認できたら、やはり国内の運動家は反中国活動を組織するのですかね?
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090430/chn0904301904007-n1.htm

 日本の左翼運動家は本当に裏切られ続けて、耐えて耐えて、結局、この半世紀、何も実らせることが出来なかったのではないかと思います。

 ソ連は崩壊して資本主義に回帰し、中国は一国二制度をとり、北は御存知の王朝独裁国家に変容し、クメール・ルージュは大虐殺を引き起こす。せめてもの拠り所の核反対運動も、九条擁護も、国内でしか通用しないトンデモ論。どこか一箇所でもマトモなところはないのかと目を皿のようにして世界地図を見回しても、これが一箇所もない。

 左翼の本来の砦である労組は労使協調などやって意義を失い、まともな労働争議も出来なくなりました。そんなだからストライキもデモもまるで力がない。ただのガス抜き集会です。

 フランスの労働組合は二代続いた改革大統領のせいで組織率が激減し、力をなくしたといいますが、最近の不況にあって今がアピールのチャンスとばかり、例えばソニーの工場などでは社長の軟禁などが行われたとききます。日本で同様のことをしたら重犯罪でしょうが、あちらでは広く支持するむきもあるのだとか。(日本企業だからかもしれませんがね・・・
http://www.afpbb.com/article/economy/2582161/3912479
「工場従業員がソニー・フランス社長らを軟禁、交渉再開に持ち込む」

 健全で現実的な「左翼」の思想が一般にあるからでしょう。

 左翼というククリ自体が今は意味がないかもしれませんが、共産党をはじめとする左よりの方々にしても、一回全てを見直して、思想的な支柱をしっかり再構築して、もっと実際の役に立つ前向きな存在に生まれ変わったらどうなのでしょう。

 意思堅固な運動家が戦いながら解決すべき問題はそれこそ山とあります。

 北の独裁制との戦いと日本人の奪還しかり、中国の膨張主義と人権弾圧との戦いしかり、新労組の構築と労働者の権利の保護しかり。
 平和を志向するというのなら北の独裁や中共の軍拡領土拡張、北、イラン、インド、パキスタンら新興核クラブ国なぞは第一に敵とすべき相手でしょうに。共産革命が実現したら軍を持って構わない。共産革命のためなら民衆の弾圧も正当化出来るというのが60~70年代の左翼進歩派の思想でした。だとしたら今は平和実現の為、積極的に日本の再軍備をすすめ、再軍備に反対する民衆を弾圧してよし、となってもおかしくないものを、そんな声は寂として聞こえてきませんな。

 アサヒのこの記事を読んで、ガックリきました。
http://www.asahi.com/national/update/0501/OSK200905010022.html
「私、憲法です。リストラになるってホントですか?」

 別に再軍備に突き進めというのが持論でもないんですが、こんな子供のネバーランドの御伽噺のようなこと、偽善にもホドがあるでしょ、と、大人がおかしく思わないところがおかしい、と、思いましたので一筆。
[PR]
by rotarotajp | 2009-05-02 22:04 | 時事

不思議の国の大騒動

 どひゃ。日経すごい上がりっぷり。あっという間にまた9000円近くまで戻しちゃった。
 本当にわからんものですなぁ。
 メキシコ・シティの最高気温は4月が26~27度ぐらいだそうで、メキシコ北部になると28~30度。今東京の最高気温が23度。GW明けぐらいには日本でも新型が出てもおかしくないと思うのですが・・・
 まあ、このアゲは経済活動に支障なしと見る向きが増えたということでしょうか。
 それにしてもわからない。
「警戒せよ」というシグナルは来るのですが、どんなモノなのかというとサッパリわからない。ただの影に怯えているのでしょうか?しかし・・・それにしてはWHOやアメリカの反応が大きい。
 広がりがあって被害がないというのは不思議。
 当然表に出ている数よりも多い感染者がいるはずなんですが・・・。
 とにかく前代未聞の大きさで警戒警報が鳴りっぱなしの状態。
 危険はあるのでしょう。しかし、それが何なのか、具体的にはアナウンスされないようです。
 わからないのかもしれませんね。

Japan's War in Color
ttp://www.youtube.com/watch?v=FtfvIsAdWYs
圧倒される。
[PR]
by rotarotajp | 2009-04-30 20:10 | 時事

カノン

 「豚インフル対策で企業が出張規制、グーグルはオフィス閉鎖」という記事の見出しの隣に、「GWの出国ラッシュ始まる 成田空港」という見出しを見るのは、ややシュールな気分。アジアはSARSで一度騒いでいるから、こうした流行には精神的な免疫があるのでしょうか?

 ボケっとパッヘルベルのカノンをエンドレスで聴いております。合間にブルーハーツとU2。頭おかしくなりそうですナ。
 パッヘルベルのカノンは主旋律より予感の水気を含んで膨らんだ導入の雰囲気がいい。始まっちゃうと一気に流れくだってお終いですもの。

「皇帝の閑暇~ティルベリのゲルウァシウス」(神聖ローマ帝国オットー四世に捧げられている)を斜め読み。一三世紀に書かれた奇譚集です。南仏の話が多く出ていて、面白し。
 あの陽光の眩しい地域に、かつてこのような途方もないホラ話や天国や地獄があったのかと。そしてその色とりどりの魔術が、今はアリスカンの石棺のように、川風に吹かれて砂に還ってしまったのだなと。
[PR]
by rotarotajp | 2009-04-29 20:17 | 時事

のたりのたりかな

 日経平均9000円以上はアタマが抑えられてるなぁ、といっていたらFluニュースでドカ落ち。一気に8500を割ってしまいました。
 何らかのキッカケで調整が入るだろうとは皆が思っていたことでしょうが、まさか新型インフルとは・・・。
 日本の場合はGWという間があるので、これがまた株価の足を引っ張りそうです。
 今の御時勢、一週間もお金を道端に置くような真似をしていたらナニが起こるかわかりません。信用(借金)でやってる人は一旦手仕舞っておきたいところでしょうネ。
 休みの間に某巨大車会社が飛んでしまったり、金貸しやら土地ころがしやらが計画倒産したりという事があると、大損害を蒙る方も大勢いらっしゃることでしょうから。
 もちろん新型インフルの予想外の広がり(ないしは終息)も株価に影響してくるはずです。
 某巨大車会社の件は(つまりGMとクライスラーですが・・・)ここ最近あげていた日本の輸出関連株、自動車関連株を道連れにする可能性もなきにしもあらずなので、それなりの警戒を要するのではないでしょうか。
 もっともNYが反発すれば事情も変わってくるでしょうし・・・どうなんでしょうねぇ?
 どうなのかがわかれば億万長者です。
 いよいよ五月。
 春めいた気分も薄れて、初夏の、けだるい温みが近づいています。
 
[PR]
by rotarotajp | 2009-04-28 19:18 | 時事

flu

 ある落語の枕に、

「尿の検査だけで何百個も病気の有無がわかるのですって?いや、そもそも何百も病気があることに驚きましたヨ。やはりこう病気の種類が増えるってのは現代の環境汚染なんかが原因なんでしょうかネ?」
 するとお医者さん答えて曰く「いや、そういうのもあるんでしょうがネ。ちゃんと病気を分類出来るようになったから数が増えたというのが本当でしょう」
「ははぁ」
「昔は病気は一個だったんです。つまり患者さんが来たら「あんた病気です」それで終わり」

と、いうのがあって、なるほどそうかもしれないなぁ、と思いました。

 史書をひも解けば疫病なんてのは無数にありました。
 中には正体不明のウィルスが現れ、またあっという間に消えて行ったような事例もあったことでしょう。なんだかんだいいながら、今も人類は生き残っているわけですから、これからもシブトク、頑張り続ける可能性は大きいといってよいのではないかと思います。

 ただ、昔と今とでは多少、世界の大きさが違っているようです。

 最初にメキシコで確認された死亡例は四月の十三日だったそうです。それからわずか十日あまり。米国では、カリフォルニア州、カンザス州、テキサス州、ニューヨーク州、オハイオ州、その他カナダ、ニュージーランド、スペイン、フランスなどで、Swine fluと疑われる事例が発生している。
 昔ならちょっと考え難いことではないかと思います。
(もっとも昔であっても、例えば梅毒の流行の速さたるや、研究者でさえ驚くとのことですが)

 米政府、WHOは「公衆衛生に関する緊急事態」と認識しているようです。
 両者とも封じ込めにやっきですが「遅きに失した」と失言まがいの発言もトップの方からあった様子。
 為替ではドルが売られ、スイスフランや円がジリジリと高くなっているようです。もっともこれはクライスラー報道等を受けてのここ数日の傾向でしたので、実際に関連があるかないかはわかりません。
[PR]
by rotarotajp | 2009-04-27 19:09 | 時事

なんじゃこら?

 某芸能人が泥酔してナンチャラというニュース。
 気にいりません。ナニが気に入らないといって、事実がいま一つわかってないうちから総務相が出てきて「絶対に許せない!」などと咆えたのが、こっちゃその某芸能人のファンでもなんでもないのですけれど、実に気にいりません。だいたい酒の過ちを責め立てる口調が聞き苦しい。国家が転覆するような大事でもないでしょうに。そういう口調は別の機会の為にとっておかれたらどうでしょう。
 もし問題が泥酔と服脱ぎだけなら(情報がここまでしかない。もしこれ以外に何かあるならここの文章は撤回させてもらいたいですが・・・なんで家宅捜索までいくんだろ?)それぐらいのこと、誰にだって多少は経験があるはずです。(服を脱ぐのは珍しいか・・・)
 総務相は過去、酒のことで脛に傷一つないということなのでしょうかネ。さすが家柄が・・・というのは不公平か・・・生まれは選べませんから・・・
 例の人が泥酔して日本の国富が為替にして1円あまりも暴落したあの日、与党の人で「社会的な責任の意識を持って行動してもらいたい。最低の人間としか思えない」と、言った方が一人でもおられましたっけ?
 だいたいCMに税金使っているというなら、選んだ総務省も同罪でしょう。居丈高に非難できる立場じゃないです。
 グーグルで関連記事が350件以上って、どんだけすごい大事件だというのやら・・・バカバカしい上に酷薄無残。みずほ当期5800億の赤字が100件ちょっとですぜ。

 千葉市長の収賄容疑での逮捕。新知事に敵対する市長が、新知事就任と共に、結構古い事案で逮捕。
 ふ~ん・・・たしか当選直後、新知事は東京都知事を訪ねておられました。問題の土建屋は東京在。市長の逮捕にあたったのは警視庁と千葉県警。逮捕当日の知事の演説内容が利権政治との決別・・・ 「タイミングよすぎませんか?」と思うのはマサカマサカで邪推のうちでしょうが・・・続報を待ちたい事件です。
[PR]
by rotarotajp | 2009-04-23 19:31 | 時事

 急に左の歯が痛み始めました。
 すでに治療してある歯で、神経も殺してあるはずなのですが・・・。腰の痛みで数日弱ってましたから、そこから歯にきたのだろうな、と思っています。見えない横の方から穴があいてるんだろうなぁ・・・。
 天罰テキメンといいますか、某人物が歯医者さんに「怖い」といって行かないのを笑ったばかり。嗚呼、歯医者さん行きたくない・・・汗

MD「絶対に当たらない」発言。政府筋ってドコのバ・・・誰だ。こっちの方が小沢氏関連の発言より悪質。国内だけのコトではないですから。とはいえ、迎撃はアメリカの防衛システムのセールスの為かもなぁ、などと考え出したら言いたくもなるでしょうが、そんな後ろ向きな考えではいかん。しばらく核を持てない日本にとってはナカナカ有用な装置です。戦争になったら悠長に一発二発のICBMじゃすまんのですから、所詮今はハッタリ兵器ですが、研究を続ければ立派な傘になるかも・・・。しかも攻撃兵器じゃなくて防衛兵器!日本にベストマッチですな。攻撃側有利は常に動かしがたいにしてもデス。

歯痛ぇ・・・
[PR]
by rotarotajp | 2009-03-24 21:23 | 時事

大連立?

 某メディアのアンケート調査では、与野党に絶望して大連立を希望する向きが多数あるのだそうだ。
「なんじゃそら?」と唖然とした。
 かつて対米開戦が云々された次期に「ジリ貧をさけてドカ貧におちいることなかれ」といった、誰だったか忘れたが、要人がおられたという。
 確かに大連立となれば劇的に物事は進むだろう。
 しかしこれは戦中の翼賛体制と同じである。ストップ&チェック機能が、まあ、いまも機能していないかもしれないが、ある期間、ないしは今後ずっと、名実共に失われるのである。
 政党政治の破裂だ。
 政治は人の生命を左右する。生かすも殺すも自由だ。それが政治の本来で、つまり化け物、リヴァイアサンの爪であり牙なのだ。増税も自由なら年金の改編も自由、国民背番号制から健康保険に至るまで、何でも手をつけられるようになる。憲法改正、選挙に負けそうなら選挙法改正という手もある。
 下世話に言えば、通帳、ハンコ、保険書に権利書、学校の卒業免状から財布の小銭に至るまで、全部渡すのと一緒。
 え?あの顔の人たちに預けるの?本気ですか?といいたい。
 もっとも金融危機対策にねじれ国会の解消は急務だ。行動を急がせるには、これはもう野党の戦術勝ちを認め、衆院を参院と同じ色に染めるしかない。
 同様に、一度大連立を支持して一票を投じれば、その結果の責任は嫌でも皆が負わされることになる。
 大連立という言葉には、ほとんど背筋が凍るような恐れを感じるが、どんなものであろうか?
 前回も書いたが、こうした問題は一蓮托生、連帯の関係にある。つまり帯を互いに結びつけて行うことなのだ。どうしても荒波の海に飛び込みたいというのなら、せめてよく考えてからにして欲しい。なぜというに、ボクも一緒に海に引きずり込まれるからである。
 できれば真冬の波と格闘するのは勘弁願いたい。
 と、CME日経先物を見れば易々と7000円割れてるし・・・・前回のITバブルの時は確か瞬間風速だったけど、今回はこの辺に居つきそうな・・・・嗚呼・・・・・ついに魔境ですなぁ
[PR]
by rotarotajp | 2009-03-09 21:31 | 時事