日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー

<   2005年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Pietro Micca

ピエトロ・ミッカと聞けば軍事に詳しい人はスグにピンとくるかもしれません。なにせイタリア王国軍には、やたらと「ピエトロ・ミッカ」が多い。潜水艦の型名であったり、巡洋艦のそれであったり、部隊名であったりする。様々です。で、このピエトロ・ミッカというのは何者の名前かというと、イタリア版爆弾三勇士的な御方。
スペイン継承戦争中の天王山と目されるトリノ包囲戦は1706年5月に始まりました。la Feuillarde率いるフランス・スペイン連合軍はおよそ40000、対するトリノ防衛軍はGraf将軍に率いられた7000。帝国が応援に出せる一番手近い部隊はオイゲン公子の軍ですが、これはヴァンドーム公に率いられたフランスの別動軍団に足止めされている。オルレアン公フィリップ率いる新手がイタリアに南下したとの報もあり、トリノ陥落は時間の問題と思われていました。
ところが、トリノ城内の7000は意外にシブトい。故郷が戦場となると、嘘のように強くなるのがイタリアの軍隊の特徴です。トルコのウィーン包囲以来、攻城戦は地下戦争、塹壕戦争が主流となっています。攻める側も、守る側も、必死でトンネルを掘り、敵の城壁、敵の陣地、敵のトンネル、の間近で爆弾を爆発させる。トリノ側は降伏なぞ考えた事もないというように、果敢にフランス軍に戦いを挑みます。サヴォア公爵ヴィットリオ・アメデオ自身も、少人数の騎兵を率いてフランス軍を側面から悩ませる。la Feuillardeは予想外の成り行きに困惑します。
ピエトロ・ミッカは、この包囲戦中の、トリノ守備兵の一人でした。彼は味方の敗勢を見るや、爆弾を小脇に抱えて狭いトンネルに潜り込み、敵陣地の真下で自爆して果てたといわれています。トリノは陥落を免れました。(ちなみに、これは「ミッカの抱えていた爆弾のヒューズの故障に過ぎなかった」という証言もあるようでありますが、出典不明)
ピエトロ・ミッカはトリノを首都とするサヴォア公領の救世主とされ、サヴォア公爵がシチリア王、サルディニア王となり、後にイタリア王国の王家となっても、彼の名前は「英雄」の代名詞として受け継がれました。今もトリノにはピエトロ・ミッカ博物館があるはずです。その間、およそ300年。60年前、日本でも無数の英雄が生まれたはずですが、そうした犠牲を顕彰する場所は少ないようです。まず勝ってこその「英雄」という事でもありましょうか。歴史は無情であります。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-29 17:53 | バロック

王の時代

d0052110_18304744.jpg
王の時代に君臨した王、バロックの君主らは、みなどこか化け物じみています。まず自分は神に選ばれた特別な人間だと思い込んでいる。殊にフランス王の手は神の手とされ、病を癒す特別な力を持つともされておりました。そんなに有難い神様のはずなのに、太陽王の信仰は「炭焼きの信心とかわらぬ」と酷評されるほど浅薄。当時の主要な教養である「神学」なぞ、王はトンと御存じないのです。人間の「型」が教育によって造られるものだとしたら、バロックの王はおしなべてそうした「型」とは無縁の人々でした。彼らはみな反逆児だったのです。今のイメージでいえば、おそらくツッパリ・パンク青年(今のイメージ?)みたいなもので、年寄りの繰言なぞクソくらえ、暗い宗教の囁きなぞ一顧だにせず、科学だ、生命だ、太陽だ!と、残酷な歓びの雄叫びを上げる。あの壮大なヴェルサイユも、ある一人の青年の、常識への反逆から創られたと思えば、それを有難がる老年の観光客諸氏の感嘆の顔が、極めて場違いなものに思えます。ありゃナンパ連れ込み用ラブホみたいなもんです。科学といっても当時の科学は錬金術から占星術、妖しげな諸々を含みますから、要するに新しい知識と思えるものならなんでも良かったのでしょう。それが実際に成果をもたらす事もありました。アウグスト強健王は錬金術師ヨハン・フリードリヒ・ベドガーを見込んで、彼に白磁の開発を命じ、それが後にマイセン磁器の誕生につながります。マイセン磁器は莫大な収入をもたらしました。ちなみにアウグスト強健王はライオンの乳で育てられたとかで、そのせいなのでしょうか、女性に目がなく、300人を越える実子を「製造」した英雄としても知られております。さて、若さを売りにしたバロックの反逆児らはやがて絶滅します。時代は繊細さを求め、浪費は非難され、男はみな悦楽の追及に夢中となり、為に男の快楽の源泉である女性が権力を握ります。バロックに取って代わったロココは、神に疲れた王を人間に引き戻し、人間となった王は、しかし結局は無用の長物として、遠からぬ将来に失われていくのです。パンク青年のナレの果てでござりまするな。南無南無
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-28 18:34 | バロック

食悦奇譚

塚田孝雄先生著「食悦奇譚」は中公文庫から出ております。内容は正に題字の通り。印象深いエピソードが幾つも収録されておりますが、中でもRotaが「げげっ」と思いましたのはネルソン提督のお話。言うまでもなくホレーショ・ネルソンと申しますれば、英国海軍の大英雄です。隻目、片腕の身で戦列艦に乗り組み、英国艦隊を指揮。トラファルガー海戦でナポレオンの野望を打ち砕いて大勝利をおさめるも、自身は狙撃兵の弾丸に貫かれて戦死してしまいます。国葬の後、遺体はセント・ポール寺院の地下に収められる。トラファルガー広場には今も高い石柱の上に救国の英雄ネルソン提督閣下の銅像がたっておるわけでございます。が・・・問題はこの提督の遺体の運搬法であります。士官らは提督の遺体を、痛まぬようラム酒の樽に漬けました。(トラファルガー海戦は10月です。さほど急激に痛むはずもなかったでしょうから、士官の中にすでに「国葬」を意識した者がいたのかもしれません)
イギリス海軍のラム酒というのは伝統的にアルコール度数が異様に高いものでして、時には度数が70~80%に達するブレンドもあったそうです。そんな酒が一日一合、水兵らに支給されておりました。アルコール依存症にならん方がおかしい。艦内は依存症患者の巣窟です。少しでも「飲める酒」はないかと、みな目を血走らせている。提督の遺体が故国に着く頃、遺体をおさめた樽のラム酒はすっかり「蒸発」していたのだそうです。水兵らが夜毎ストローを樽の隙間に突っ込んでチューチュー吸いきってしまったのだとか・・・。どの程度信憑性のある事なのかは、今となっては確認のしようがない話だとは思いますが、しかし、もしこれが本当にあった事だとして、吸ってる方は遺体が入っていることを知って吸ったのでしょうかねぇ?味に変化はなかったのでしょうか(^-^;
かっかっか・・・まあ、英雄ネルソンも、さぞや居心地が悪かったことでありましょう。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-26 17:26 | バロック

AmericanConquest

AmericanConquestというPCゲームがあります。大ヒットしたCossacksの続編的商品。RTS(リアル・タイム・ストラテジー、リアルタイム進行の戦略ゲーム)としてはマイナーですが、知る人ぞ知る名作と言ってよいかと思います。こんなページを見つけたら嬉しくて夜も寝られない人向けです。一般のRTSとの違いは、その「陣形」の概念にあろうかと思います。勿論、最小の単位である兵士を組み合わせただけの陣形もありますが、その小陣形を組み合わせて任意に大陣形を作ることが出来ます。この部分はコンピューターのAIでは出来ないので、人間同士の対戦の場合でしか楽しむことが出来ません。最初にマルチで対戦した方はイギリス人でしたが、ちゃんと歴史上の、現実のセオリーにのっとった陣形を作ってきました。ただ勝つだけなら、ユニットを大量に生産して、前に出すだけでも勝てるのですが、そこに間を作って歴史を「遊ぶ」事ができるのです。しかもリアル・タイムの進行ですから、ターン制の諸ゲームとは違い「勝機」を現実の時間の中で感じ取らなくてはならない。完成度といい、奥深さといい、稀有のゲームだと思います。で、これだけのことを書けば、さぞやうまいんだろう、と思われるかも知れませんが、Rotaは非常に弱いです。Rotaが一番なっちゃイカンのが戦場の指揮官ですな。部隊があっさり全滅します(´-ω-`)ロールプレイング(役割なりきり)で遊ばない場合にはパズルゲームに近いものになるので、さほど面白くないかもしれません、念の為。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-25 15:14 | ゲーム

恒例の鬱がやってまいりました(´・ω・`)
意欲半減!最近は一カ月おきに欝です!気圧の変化で頭痛のオマケ付
暖かいコーヒー飲んでベッドで丸くなってヤリ過ごすとするか・・・

と、気弱な事は言っておれん!
忘れてた!内戦だ!CoDで三連続ボロ負け中!!
今夜こそ雪辱せねば!!!
貴様ら!首洗って待ってろよ!みんなマトメて打ち首じゃ!


(注:CoDをご存知ない方へ)
CoDというのは「Chemical Oxygen Demand」の略で、日本語では
化学的酸素要求量ともいいます。水質の指標などに使われます。
けっして第二次世界大戦を舞台にしたFPSゲームなどではありません。
もっとマジメなものであります。はい。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-24 16:53 | 私事

どっこいしょ

ガダルカナル戦詩集「妹に告ぐ」を、ラーメンを食しながら読み「山青くよみの色、海青くよみのいろ」とは、どのような「山」、どのような「海」なのだろうと、思いながら「おねーさん、かえだま一丁おねがいします」を食したら、いまだに消化できずに気分が悪い。消化が悪いだけならよいが、どうも最近食ったものが身に溜まる一方のやうで、不快である。椅子から立ち上がると「どっこいしょ」と掛け声が出るし、こうして座り続けていると腰が痛くなる。サヴァランの「美味礼賛」に「やせている婦人はみな太りたいと願っている。これはわれわれに何百回となくもらされた願望である」という一文があった。世は移りにけりな、で、今時のご婦人に「太りたいですか?」と尋ねれば、みな首を横に振る。鶏のように痩せた御婦人より豊満系の妖婦の方が男は好きだろうが、しかし女性諸氏の趣味がそうなのだから、じっと流行が過ぎるのを待つしかない。早く来たれ「豊満」の時代よ!ところで「どっこいしょ」の語源は「六根清浄」だそうです。六根、すなわち「眼、耳、鼻、舌、身、意」の働きよ清浄たれ、と念じる祈りの言葉。だから何回でも「どっこいしょ」と言っていいのであります。オヤジ臭くなんかないのであります。世の人々にはそこのところを、しっかりと弁えて頂きたいものです。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-22 16:05 | 私事

選択

わが義兄殿が不思議な写真を撮っているので「そりゃなんですか?」と尋ねた事があります。義兄殿は「同じようなモノが沢山同一画面に入った写真」を撮るのが大好きで、それは例えば商品の羅列であったり、車が駐車している様子だったり、一列に並んだパラソルであったりする。で、「なんで好きなんですか?」と尋ねたら、難しい顔をして義兄殿曰く、こうした写真を撮っているのは、つまり「沢山ある選択肢そのものより、その選択肢の中から、僕らが何を選び出すのかが重要だという事を教えてくれるからだ」と、まあ、尋ねたから答えたのだろうけど、そんな真っ向勝負の答えは期待していなかったのでビックリしました。考えれば考えるほど、ナカナカ奥が深い言葉です。ぼくらは皆、蜂蜜の壷に落ち込んだ蟻のようなもの。チャンスは幾らでも転がっているし、将来は無限にある。女性も男性も、もういらないというぐらいいる。娯楽と刺激は全て揃っています。必要とされるのは、その中から一つを選んでコミットするだけなのですが、その過程が往々にして受動的にすぎたり、不本意であったり、あるいは目移りがして決められなかったりする。馬鹿馬鹿しい事で、選択の自由を与えられているがゆえに苦しむのです。
古代中国の青銅器は、現在の技術でも模造が困難なほど、極めて精緻な造形となっているのだそうですが、ああしたものは全て奴隷が造ったとされています。選択の自由がないからこそ、何千年を経ても価値が残る「モノ」を、一生を費やし、ただ一重に造れたのです。我々にしても目の前の蜂蜜の海が重要なのではない。その蜂蜜の、どこを、どれだけ自分用に取り分けて、いかに自分のものにするかが重要なのであります。そしてそれは、一見簡単なようにみえて、実際には一生を費やすだけの大仕事なのでありましょう。
こんな話もあります。戦争中爆撃で家族を失った方が、世を儚み、橋の上に立って飛び込み自殺をしようとしていた。ところがその最中に空襲警報が鳴り響いた。B-29の編隊が青い空を悠々近づいてくる。必死で逃げて隠れて、爆撃が終わったらホッとして生きている事に感謝した。ついさっきまで自殺しようとしていたのに不思議なことだ、ってわけです。これも選択と強制の一変形だと思います。選択の自由が、実際には非常に難しいモノであることを教えてくれる小話として、事あるごとに思い出しております。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-21 17:17 | 私事

珍書2冊

土屋英明先生著「道教の房中術」という、珍書をご紹介いたします。これ副題が「古代中国人の性愛秘法」。「性行為をもって不老長生を!」という、オシャレな人々の事跡を伝える本です。例えばこんな記述があります。ここでは男は精気を漏らさない事が肝要とされているのですが・・・「一動(十回出し入れして漏らさない)で目と耳が良くなる。二動(二十回出し入れして~略~)で声に張りが出る。三動で肌の艶が良くなる。四動で背筋がシャンとする。五動で足腰がシッカリする。六動で血の巡りが良くなる。七動で身体がしっかりして強くなる。八動で肌が輝いてくる。九動で頭がしっかりする。十動(百回出し入れして~略~)で房中養生長生の道が達成される。」先生、無理です!(´-ω-`)さらなる秘儀秘訣がお知りになりたければ、上記書籍の御購入を検討くだされ。文春新書から税抜680円。追い討ちをかけるように鈴木隆先生著「匂いのエロティシズム」。これまた奥が深い。「シェークスピアの時代、恋に落ちた女性は自らのワキの下に皮を剥いた林檎をはさみ、ワキの下の匂いをじゅうぶん吸い込ませた上で思いを寄せる男性に渡し、彼がその匂いによって自分を選んでくれる事を願ったという。この林檎は「ラブ・アップル」と呼ばれ、似たような風習がオーストリアにも~略~」・・・・・・Σ(゚д゚lll)ひぃぃぃぃぃ・・・・・・そりゃ「匂い」じゃなくて「臭い」だよ先生!嗚呼、皮も剥いてあるのかぁぁ・・・それで、まさかその林檎は食うのか?食うのか?食うんだろうなぁ゚・(つД`)・゚・ こちらの本は集英社新書から。やはり税抜680円!
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-20 12:38 | 時事

残暑

d0052110_15404457.jpgルネッサンスの頃でありますが、ある傭兵隊長の奥方が浮気をしました。奥方は名家の出身で、なかなかお美しい。身分の低い旦那をマスオさん扱いしている。傭兵隊長だから留守も多い。その隙に奥方は間男をベッドに引っぱり込む。万が一密会がバレても、たかが傭兵風情が自分に手でもあげようものなら、里の縁者が黙っちゃいない、と、そりゃ舐めてかかっている。ところが旦那は家では優しい能天気者ですが、外では生き馬の目を抜く傭兵隊長。一旦妻の浮気に気付くと、出かけると見せて取って返し、ベッドの間男を一刀両断。奥方は縛り上げられて、歯を一本一本引き抜かれる。殺してしまっては証拠が残りますが、旦那は大層な知恵者。奥方を生きたまま分厚い壁の奥の空間に塗りこめて、そのままトンズラする。すぐには死なないように、奥方の目の前に水とパンが置かれる。神様の前でも「殺していない」と堂々と告白できます。後日、奥方の縁者が探しに来ても、そこには無人の城があるばかり。あるいは奥方は暗い壁の奥でまだ生きていたかもしれませんが、無論、奥方の痕跡は発見されません。これがまあ、典型的なルネッサンス・ホラーであります。(出典は知りませんが実話だそうです)
イタリアの古城にはこの類の怪談が結構ありまして、会食の間に槍が埋まった落とし穴があるとか、誰それを突き落とした塔でありますとか、奇天烈な器具を揃えた拷問室、階段のない地下牢獄、なかなかロマンティックであります。そういえば、かの魔術師カリオストロ伯爵を閉じ込めた牢なども、扉は漆喰で塗りつぶされ、壁には食事を差し入れる小さな四角い穴。天井に出入り口がある奇妙な造りでありました。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-19 15:42 | バロック

歴史を感じるモノ

以前、どこかで「家康初陣の鎧」なるものを見て、非常な感慨をおぼえたことがあります。加藤清正の、例のノッポ飾りの日の丸兜もよかったですねぇ。武具の類は特定の個人名と結びつくと、いっそう有り難味が増すようです。鎧や兜の傷一つに、なにか大合戦の残り香があるようで興奮いたします。ちなみに「南蛮胴」に弾の痕が残っているものを見かけますが、あれは実戦でのモノではなく、試し撃ちして鎧の強度を確認してあるのです。特に日本で始まった事ではないと思います。海外ではあまり見かけませんが(一例としてルイ14世に献上された鎧がそうではないかと思うのですが)あるいは見た目がかっこ悪いからと修繕してしまったのかもしれません。日本の武具も江戸期に改修されてしまったモノが多く、そういう鎧兜は節句のお飾り向きですが、独特の迫力には欠けるようです。
これは武具ではないですが、印象深いのがナポレオンのデスマスク。お土産品でもありますから、色々な機会に見るわけですが、あれほどギョっとするモノは滅多にありません。古生物愛好家が万博のマンモスを見るときに感じる興奮に近いのではないかと思います。ミイラでも骨でも灰でもなく、人間としての形が見れてしまうのですから、なにか覗き見をしているような、冒涜的な気分になります。
d0052110_14304776.jpg

[PR]
by rotarotajp | 2005-09-18 14:47 | バロック