日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー

<   2005年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

楽天的

「物語ドイツの歴史~ドイツ的とはなにか~」阿部謹也先生著:中公新書、を読み直しています。一読後「つまらなかった」と切り捨てた本ですが、相変わらずジューシーさには欠けるにしても、口の中に不快な小骨のようなものが残り、前には感じなかった魅力に気付かされました。特に今回感じたのは「個性」の成り立ちです。「第七章、15・16世紀の文化と社会」の最後にエリーザベト・タークスという女性が紹介されています。彼女は再洗礼派の疑いをかけられ、厳しい拷問を受けます。「我々のミサをどう思うか?」の質問に答えて「あなたがたのミサはまったく信じておりません。信じるのは神の言葉だけです」と答えて、溺死刑に処せられる。個としてあくまで自分の生き方(信仰)を主張するのです。そうした個と個がぶつかると、どちらかが破滅するしかない。彼らの中には善と悪の二極しかないからです。三十年戦争の悲劇はそのようにして生まれました。考えてみればキリスト教というのは過酷な宗教です。仏教のような輪廻転生がない。人の人生は一回きり。死んでしまえばやりなおしはききません。善と悪の最後の大戦アルマゲドンの日まで死者は眠り続けるのです。だから自分の全存在をかけて、命をかけて、主張しなくてはならない。かのスタンリー・キューブリックは記者に「シャイニング」の内容を尋ねられて「楽天家の映画だ」と答えたそうです。なるほど、考えてみれば、どんなホラーであっても、死者のヨミガエリを扱うような物語はすべて「楽天的」なのでしょう。
「来世」という夢を見せてくれる「仏教」は、つくづく甘い(優しい)教えです。
(-∧-;) 南無南無
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-31 17:56 | バロック

頭が痛い!

本日は頭痛の日でありますよ・・・CoD2のAUS版入荷は11月に延びてしまうし・・・ああ・・・すでに出荷されているUS版を買おうにも2000円が微妙に惜しいしで、むうぅ・・・心は千々に乱れますなぁ・・・。はい、真昼間ですがヤル気でないです。ここ数ヶ月、わが「バロック探求」の中で一番肝心な「トリノ包囲戦」の情報も全然集まりません。「すんげーラクチン」な部分かと思ったのですが、そうでもありませんでした。トリノ・オリンピックに向けて改装でもしているのか、目をつけていたピエトロ・ミッカ博物館のHPも閉鎖のままです。リンク・ページも消えてしまって大ショック。例によってこれまでわかっている「大まかな流れ」をメモ的に書きとめておこうかと思います。
包囲戦は1706年5月14日に始まりました。総勢4万のフランス・スペイン連合軍の司令はラ・フゥイヤード公、対するトリノ守備軍7000の総帥はグラフ将軍。トリノの支配者、サヴォイ公爵は包囲戦が始まるや少数の騎兵を率いてトリノを脱出、外からフランス軍をゆさぶります。ま、何処を見ても「少数」と書いてあるんですが、少数ってはどのぐらいだよ!コラ!と問いただしたい。出撃の日取りもわからない。こう曖昧な記述しかないというのは、実際に記録がないのかもしれません。(外国モノを調べていて、非常に苛立たしいのは一次資料を探る方法がないってことです)ラ・フゥイヤードはトリノ包囲に手間取り「泥の心を持つ」と酷評されるのですが、公爵のトリノ脱出を聞くと、いったん包囲網を解いて公爵を捕捉しようとします。公爵の身柄がすなわちサヴォイ領ですから、目が眩んだのでしょう。公爵のほうもそれを計算しての賭けだったはずです。さて、公爵のトリノ脱出日が不明なので日付の後先が違うかもしれませんが、5月23日、イタリアの戦局を変える大事件が北方で起こりました。あのクレモナで捕虜になったヴィルロワ公が、またしても大敗北を喫したのです。よくよく軍才のない人だったのでしょうね。スペイン領オランダを守護すべき8万の軍勢が四散してしまう。英軍はアントワープに入城。スペイン継承戦争中の決定的な会戦の一つとなりました。これが世にいう「ラミリーの会戦」です。フランスにとっては青天の霹靂です。低地地帯を越えたら、すぐそこにパリがある。太陽王はイタリア方面でオイゲン公子の軍をおさえていたヴァンドーム公を急遽北に派遣します。手強いヴァンドーム公の配置替えは、トリノ解放を狙っていたオイゲン公子にとっては又とない追い風となりました。オイゲン公子は軍団を率いてアディジェ河を渡り、フランス軍を迂回して南下。ヴェネチア領に入ります。フランス軍をやり過ごした後はひたすら西へ向かう。補給も何もありませんから、兵士らは飢えと乾き、そして夏の太陽に苦しめられながら行軍しました。
オイゲン軍のトリノ進出は不可能と思われていましたが、公子はそれをやり遂げてしまう。アスティ近辺でサヴォイ公爵と合流。(諸説あり。確認中。カルマニョーラ、ステローニ村等)南方からトリノに接近し、ついに9月2日、スペルガの丘に立って、敵軍を見下ろす事になるのです。
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-28 14:39 | バロック

法華経追記

下のを読み直していて「妙なる法華経」という書き方はヤバい。と思いましたので補足いたします。普通、妙法蓮華経を約して法華経といっています。で、妙の説明がないと浮いてしまうのでつい「妙なる」と簡単に付け足してしまいましたが、意味的には間違っていないと思うにしても「妙法蓮華経」という言葉は一体として鳩摩羅什訳の法蓮華経を指しています。わかり易くする為にヘラヘラと筆が走ったという奴で恥ずかしい限り。昼飯時はやっぱり脳に血がいってないですね。消そうかとも思いましたが教訓の為にこのままで(^-^; いや、このようにして人は成長していくのですよ、わっはっは
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-26 19:51 | バロック

南無

昨日、法然さんの事を考え始めてから、そこから自分を引き剥がせなくなりました。こういう時はもう少しお付き合いするほかないようで、以前明恵さんの時、参考用に購入した「法然」(大橋俊雄著:講談社学術文庫)という本をつまみ読みしています。法然さんといえば学校の歴史でも習った覚えがある「選択本願念仏」。法然さんは八万四千の法門の中から、選択(せんちゃく)に選択を重ねて、ついに「南無阿弥陀仏」の一行に辿り着いたらしい。法然さんにとっての仏教のエキスです。法然さんの専修念仏とはすなわち、ただ一重に阿弥陀様にすがりつく行為。だから阿弥陀様の名前を唱え、気持ちを阿弥陀様に集中させるのです。
そういう思想だから、念仏のうちの「阿弥陀仏」は簡単に理解できます。
しかし、それだけ選りすぐった言葉のうちの「南無」とは一体なんぞや?そう疑問に思うのはRotaばかりではありますまい。ある仏教者のように「ありゃ有難い言葉の前につく枕詞さぁ」の一言で片付けられては、凡人としては困ってしまうのであります。
別に調べましたところ、南無の語源はサンスクリットのnamasまたはnamoだそうで、ようするに音写文字ですから、漢字からは意味が探れませぬ。「ナマステ」とは周知のようにインドの方の挨拶です。「南無」はこれと同じ語源であります。色々な説を読むと、ある人の曰く「南無」とは「敬礼」である、が一番正しいような気がいたします。南無を意訳して「帰依いたします」の意とするのは、意味がくどくなりすぎる。もちろん「南無阿弥陀仏」という念仏の意味するところはそうなのですが、念仏の言葉としての「南無阿弥陀仏」は「阿弥陀仏・様」ぐらいの意味だろうと思います。「南無妙法蓮華経」は「妙なる法華経・様」と唱えているだけのこと。こういった「お唱えモノ」は完全に意味がわかってしまっては、なんとなく有り難味が失せてしまう。坊さんが読むお経も、普通に読めばただの物語ですが、節をつけて難解に読むから衆生には有難い。っと、まあ、本日の妄想はここまで。いや、それにつけても宗教はヘタに歴史が重なってるだけに難しいですのう。信心する気は毛頭ありませんが、珍しい動物のような魅力があります。
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-26 12:55 | バロック
お坊さんというと日本史の中では特権的知識人という印象が強く、あまり好きな人種ではありません。ただ一度、「あかあかや~」の句を見て、明恵という人に興味を持ったことはあります。実際に調べてみると、しかし「あかあかや~」は盗作なんじゃないかというぐらい、突き抜けていて、他の句には、格別、心惹かれませんでした。無論、知れば知るほど面白いのが歴史上の人物の通例でありまして、ずいぶん一時期のめり込みました。厳密は絶えてしまっているので華厳経の方でも読むかと、難解至極なお経に取り組んだりもしましたが、いやはや、わけがわからぬ。それじゃ法華経だ!というと、こちらもキツイ。ただ意外とお経というのは物語り式で、読み物としては面白い。という発見が、僅かばかりの収穫でした。さて、明恵の同時代人に法然という人がおります。明恵は(その晩年に関しては)いわばサリエリ的人物ですが、法然はモーツァルトです。親鸞が家康としたら、法然は信長でしょう。法然には祖形だけが持つ凄みがあるように感じます。「念仏往生の願は男女を嫌わず、来迎引接も男女にわたる」と、いわば定説を破壊してしまう。しかも念仏さえ唱えたなら皆救われるというのだから、まさに天才の弁。小難しい学問をして、厳しい修行を続け、自身の成仏をひたすら祈念してきた面々は一体なんと思ったことか(w当然サリエリ(明恵)などは激怒したのでありますが、明恵が絶え、その反面、法然が今も評価され続けているのは(その思想の優劣云々というより)法然が「救い」の可能性を万民に示して見せたからでありましょう。
さて、モーツァルトがいるなら、仏教界にベートーベンがあってもいい。Rotaはベートーベン役に日蓮を推したいと思います。南総に誕生寺と呼ばれるお寺がありますが、日蓮はそこのお寺の、下民的な家に産まれたといわれています。網元だったそうですが、身分はお寺の「所有物」だったのです。ところが少年日蓮は、異常に記憶力が良い、いわば天才少年だったのでしょうね。経本を隅々まで、たちまちのうちに暗記してしまった。どんな質問にも経本に立ち返り、正確な引用を付して答えられたから、お寺の人間に非常に重宝されたといいます。それが彼の出世の糸口になりました。そうした経緯からも、この人は極めて原理主義的な宗教者なのだろうと思います。そしてまた、一方では下克上をはたして、奴隷の身分から支配者になった「怖い人」でもある。Rotaの好きなタイプの人物ではありませんが、しかし興味はそそられますね。ぜひ一回真剣に勉強してみたいものです。
そこでまた原点に立ち返りますが、宗教者を見つめていると、どうしても最後の一点、その最深部に暗闇を感じます。その暗闇にだけは、どうやっても光を当てる事が出来ない。信仰の核心は信じることでしょうが、何故彼らは信じられるのか?ある宗教者は「なぜ信じるのですか?」という無信心者の質問に、こう答えたといいます。「わたしは信じられないから信じるのだ」
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-25 22:00 | 私事

)*(

さて、Rotaは痔主さまであります。冬ともなると一日に数回は脂汗を流して痛みに悶えとります。最初に自覚したのが高校生の頃ですから、もう結構長い付き合いです。血がダバっと出まして、怖くなってバイト先のマスターに相談したら「あ?」と遠くを見る目で答えていただきました。まだRotaも小僧でしたよ。いやはや懐かしい冬の日の思い出です。何故突然「痔」の話かというと「パージェス頁岩」と一緒に「江戸病草紙」(立川昭一著:ちくま学芸文庫)という本を読んでおりまして、そこに「痔」の記載があったからです。痔主は痔の話になると被虐本能がうずきだします。その本にあったのは痔の治療の痛さを線の太さで表した(江戸時代の人が描いた)「グラフ」でありまして、その線が太くなっていくのがドキドキもの。実になまなましいシロモノでありました。江戸といえば、芭蕉さまも痔主であったと聞いた事があります。「下血など度々はしり」とその書簡に残しておられる。そうした痛みに耐えて歩いた日本の古道はどんなであったでしょう?痔が痛み出すと「名月散々くたぶれ、発句もしかじか案じ申さず候」と、とてもじゃないが俳句どころじゃない。時には痛みのあまり意識を失いかけるような事もあったそうです。昔は痛み止めなどもありません。芭蕉さまに限らず、すべての人が日々様々な痛みと共生しておりました。こうした絶え間ない痛みが人の忍耐力を鍛え、痛みに対する畏れと、他人の痛みに対する同情を涵養したのは間違いのないところでありましょう。格別羨ましいとは思いませんが、一部過去の人の思想に、なにか黒光りするような凄みがあるのは、そういう事情が大きいだろうと思います。そういえばナポレオンも痔に苦しんだと伝えられています。彼がワーテルローで大敗を喫したのは、痛みのあまり指揮に没頭出来なかった為だとか。歴史上、偉大な人物はみな痔を患っております。加藤清正、徳川家康、乃木稀典、ルイ14世、大岡越前、夏目漱石、野口英世・・何を言いたいのかわかっていただけたと思いますが・・・そうです、Rotaさまは偉大なのです!(あ、自分で言ってしまったよ)(ちなみに、ある調査によると日本の成人4人のうち3人は軽重はあるにせよ「痔主」だということです。うひひひ)
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-23 12:48 | 私事

キーボード

やってしまいました!このブログは15分程度と時間を決めて、いつも気合のスピードで書いているのですが、最近キーボ-ドを代えたせいで、15分ギリギリ、オチまで書いた文章が全部消えてしまいましたよ!どのキー押したんだろ?腹立たしい!昨日はマウスコードで電源キー触ってPC落としてしまったし・・・こりゃ早々に前のキーボード買いなおさなくては・・・マウス・ブチ壊れ事件でも感じましたが、入力デバイスって結構重要ですなぁ
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-21 14:17 | 私事

アカウント名

d0052110_16592948.jpg
ところで最近チョクチョクあることなのですが・・・外国ソフトをインストすると、アカウント名に和文字を使っているせいでエラーが起きます!(;つД`)なんでそんなことしているんだ!貴様はアホか!などと言わないで下さい。アホは18歳の特権なんです!(もう最近は「自称」もつけない厚顔ぶり)・・・・ええっと・・・・グーグル・アースの場合もそうでした。で、コンパスやらロゴやらがNoImageになる不都合はインスト時にキャッシュ・フォルダをCの直属とすることで回避できたのですが・・・・ううむ・・・しかしランドマーク等の保存は相変わらず無理です。ちらっとググってみると、レジストを弄ればどーにかなるそうなのですが、粗忽モノのオイラにかかっては正常に動くものも動かなくなる・・・しばらく悩みましたが、結局、これまでのキャッシュ(すでに数百メガ取り込まれている)を共有フォルダにぶち込み、グーグル・アース専用の英字アカウントを新規に造って対応することにしました。で、グーグル・アースの移動作業を終えてから思いついたのですが、メインで使ってる設定を英字のアカウントにコピーして、コピー先をメインにすれば・・・無問題!?まさに猿知恵、もとい後知恵。やってみましたところ、他の作業を平行しておりましたのが禍してか、パソコン、異様な音を発しつつ止まりました。えええ!・゚・(つД`)・゚・ 拙者、イイカゲンが取り柄の人間ですので、速攻電源ボタンをポチっと押して、後は何事もなかったかのように新聞を広げ、熱いコーヒーを一杯。人生ってこういう間が大事なんですよ。遠くの田圃から小鳥の囀りが聞こえてきて、小さな幸せを満喫。さて、しばらくしてPCを再起させましたら、別にどこも壊れてないようで良かったっす。なんかデスクトップからアイコンが幾つか消失して、やたらとPCが重いんですが、PCなんて動きゃいいんです・・・・はっはっは・・・・さて、もう一回熱い小鳥を飲みながらコーヒーの囀りを・・・・
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-20 17:52 | 私事

三回目の投稿

今日はいいものが一杯見つかる(^-^
GoogleEarth、最高!超便利ですよー
いままで位置関係の把握にYahooMap使いまくってた苦労が嘘みたいです!
欧州の大都市はほとんど網羅されてるし、周囲の地形、山、河、街道の峡谷まで確認できるぅぅ (T-T 悔しいほど便利。この地図見ながらガリア戦記とか読み直したくなる。Googleさまエライ!天才!ステキっ!
http://earth.google.com/
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-18 19:16 | 私事

おーい!大丈夫かー!

こんな時間に投稿すると、おまえ一体何やってんだ?といわれそうですが・・
うひひ・・・あまりに面白いので速攻投稿
刺青とか嫌いな人は見ないでね。外人さんの漢字刺青です。
これが1ページ目。すでにおじさん目がうるうるしちゃってます。
これなんか「君、消せないんだよ?わかってる?」とぜひ忠告して差し上げたかった。これなんかもあくどい!あなた「保護者」=「Guardian」って説明ですよ・・・たぶん「守護天使」って入れたかったんだろうな、と遠い目で考えてしまいました。一歩間違うと怖いですねぇ!刺青を考えておられる方々!妙な外国語がわけわかんなくてカッコイイ!とかいって安易に入れない方がいいですぞ!せめて辞書調べ&現地の人から聞き取り調査、ぐらいはしたほうがいいようです。これも誤訳ですな。説明では「without a friend in the world」になってます。まだ「天涯孤独」とかの方がイメージではないかと。このへんなんかは強制収容所で刑罰として入れられたんじゃないかと目が点に。世界は広いなぁ・・・また旅に出たくなりました。
[PR]
by rotarotajp | 2005-10-18 15:43 | 時事