日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

kaze

気管支と肺を取り出して丸ごと水洗いしたい今日この頃、皆様も是非一度、このミラクルな風邪を御体験あれ。人生の価値観がちょっとかわります。

 さて・・・
 評判の柳沢大臣の発言ですが・・・残念ながらちょっとググッただけでは松江市での発言の全文が見つかりませんで、わりと好きな分野にも関わらずコメントをひかえておりました。
「機械って言っちゃ申し訳ないけど」と断りを入れながら「15~50歳の女性の数は決まっている」「産む機械、装置の数は決まっているから、機械というのはなんだけど、後は一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」というのが、まあ問題の核心部分のようです。
 批難を浴びているのは「産む機械、装置の数は決まっているから」という箇所。
 でもこれ、どう読んだって女性を「産む機械に過ぎぬ」と蔑視しているわけではないでしょう??発言の要旨をまとめるとしたら「15~50歳の女性の数は決まっている」「後は一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」となる。
(ただし問題の箇所だけを読めばということ。これほど世間を騒がせているのだから発言の全文をどこかに公開すべきだと思うのですが・・・)
「与野党から一斉に不満・批判が噴出した」のだそうだが、いったいこの発言のどこが彼らのツボを刺激したのやら・・・
 単に事実を言った政治家が、その発言ゆえに罷免されるとしたら、それはよい政治ではありません。柳沢大臣の留任を切に願います。
 あとマスコミも曲解を承知しているだろうに「産む機械」の四文字を連呼するだけじゃなく、大きく発言全体の流れを取り上げて欲しいですね。批難する側も説得力ある説明が必要です。なにか言葉に歴史的意味合いを見出しているのか?あるいは宗教や信念にかかわるからなのか?Rotaはどちらかというと後半の「一人頭で頑張って」の方が問題発言のような気がしますがね。 とにかく際どい意味合いを期待して記事を読んだのに竜頭蛇尾でがっか(ry
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-31 21:33 | 私事

幻覚

いやぁ、幻覚は去年のノロ・ウィルスに続いて二度目ですわい。
ノロの時は部屋の真ん中で箱を組み立てる幻覚でした。幻覚は「見た」というより「体験した」という感じで頭に入ってきましたです。だからもしかしたら、ふと目を覚ました瞬間にでも偽の記憶が作られていたのかもしれない。いつ頭に入ってきたのかワカリマセン。その辺の時間もどこかへいっちゃっています。後になって「あれ?」と自分の記憶の異常に気付き「箱ってなんだ?」と問い詰めて、ようやくそれが幻覚、ないしは夢であった事に気付くのです。
拙者、子供の頃目をつむると頭に思い描いたモノを実際にその場にあるかのように見る事が出来ました。
(と、オジサンにいうとオジサンは「おまえは自己暗示にかかりやすい体質なのだ」)
今もわが灰色の脳細胞は体調不良だと勝手に変な場面を作ってくれるようです。今回は三角形のモノを組み替える幻覚でした。モノが何であったかは不明です。なんだってこんなシュールな映像ばかり見てしまうのか・・・・
ところで、子供がインフルエンザで高熱を出した際PLやアスピリン、バファリンを与えてはならんのだそうです。(当然、ここでの記述など落書き並みの信憑性なのでお医者さんに駆け込んでくださいね)PLの一部は体内に入るとアスピリンに変化するのだとかしないのだとか。で、アスピリンはインフルエンザ脳症との関連性が疑われているのだそうです。
あとタミフルは48時間以内に飲まなければ効果が現れないそうです。体内に入った一個のウィルスが8時間で100個になります。じゃあ次の8時間で10000個かい?というと当然そうではなく、乗算的に増えていって手におえなくなってしまうわけです。今回はタイミングを逸したせいでヒドイ目にあいました。もー鼻かみすぎで真っ赤ですよん。痛いのなんのって・・・
さて、Rotaさまもそのうち「目を覚ましたら虫になっていた」とか言い出しそうで怖いですね。
次こそは「美女とバハマで豪華クルーズの幻覚を見るぞ」と脳にインプットしつつ・・・
さよなら、さよなら、さよなら~(ああ、淀川氏も懐かしいなぁ)

追記:
あまりにひどいのでインフルエンザと早とちりしてましたが、実は今年の風邪は「凶悪」だというブログをみまして、あるいはRのも普通の風邪だったのかもしれません。まあ、もしそうなら「早く病院いきゃよかった!」的後悔が和らぐので精神面にはプラスですが、身体は一向に楽になりません。ほんとにこれが風邪かよ!アホな風邪でここまで苦しいのは子供の時以来だなぁ
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-31 13:01 | 私事

No.9

どーやら風邪も多少楽になってきたので、ちと気晴らしに以前から頭に入れておきたかった第九の歌詞をポケっと読み読み(必殺グーグル翻訳を駆使)Rota超訳。(ただし英語→日本語+勘違いと間違い)
(注意:全然逐語訳じゃありませぬので注意のこと)

 嗚呼、友よ、その旋律ではない。
わたしたちに歌わせておくれ。
もっと血が沸き立つような、楽しい歌を!

喜びを!歓喜を!

 歓喜よ、神々の美しい稲妻よ、至福の島★の娘よ。
聖なる人、わたしたちは炎のように酔いながら、あなたの神殿に近づく。
あなたの魔力は、厳しく隔てられた者たちを再び引き合わせるだろう。★
あなたの優美な翼がさしかけられる所、すべての人々が兄弟となるのだ。

(★1ギリシャ神話、Elysium)
(★2シラーでは「物乞いが王子の兄弟となる」=厳しく隔てられているのは「身分」であることがわかる)

 偉大なる試みの末に、友の中の友と成り得た者★。
愛らしい女を勝ち得た者よ。
その者らは「彼」の喜びに喜びを重ねるがいい。
そう、それはこの地上に、たった一つであっても
魂を預けられたと誇れる者達のこと。
その資格のない者は、惨めに泣きながら
この場を立ち去るがよい。

O Freunde, nicht diese Töne!
Sondern lasst uns angenehmere
anstimmen und freudenvollere.
Freude! Freude!

Freude, schöner Götterfunken
Tochter aus Elysium,
Wir betreten feuertrunken,
Himmlische, dein Heiligtum!
Deine Zauber binden wieder
Was die Mode streng geteilt;
Alle Menschen werden Brüder,
(Schillers Original:
Was der Mode Schwert geteilt;
Bettler werden Fürstenbrüder,)
Wo dein sanfter Flügel weilt.

Wem der große Wurf gelungen,
Eines Freundes Freund zu sein;
Wer ein holdes Weib errungen,
Mische seinen Jubel ein!
Ja, wer auch nur eine Seele
Sein nennt auf dem Erdenrund!
Und wer's nie gekonnt, der stehle
Weinend sich aus diesem Bund!

英訳が変なせいか、極端に難しい・・・・ような気がする。
時代がかってるからか?特殊語が多いせいか?Rotaの手に余ります。
答えあわせ気分で他の日本語HPを覗いてみましたが・・・・ヤバイっす。
しかも何時間かかってるんだ!こんな時間かよ!!!
総員撤退!撤退!
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-31 02:19 | 音楽

風邪

俺にこんな死にっぱぐれの風邪をうつした奴は誰だ!シンドイ!頭朦朧・高熱・肺の痛み。ぬぅぅぅ・゚・(つД`)・゚・
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-28 19:51 | 私事

どちくしょう

風邪をひいた(;つД`)ケホケホ
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-27 13:28 | 私事
 ブッシュ大統領の一般教書演説(State of the Union Address)
 人気がなかったそうです。
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2007/01/20070123-2.html
http://www.c-span.org/executive/stateoftheunion.asp
 少々風格に欠ける所があるのかもしれません。これまで主題であった「テロとの闘争」を訴える力強いトーンはなりをひそめています。女性初の下院議長ナンシー・ペロシを歓迎する拍手で始まった演説は、くだけた、柔らかい調子で続きます。大統領の背後に立つそのペロシ下院議長の存在自体が民主・反ブッシュ勢力の象徴なのですから、あまりいい気分ではなかったことでしょう。

ちなみに絶頂期の演説(悪の枢軸発言を含む2002年のものはこちら
【I know we can overcome evil with greater good. And we have a great opportunity during this time of war to lead the world toward the values that will bring lasting peace. 】

 もう一人、国民の信頼を失いつつある大統領がおります。隣国の盧武鉉大統領。テレビで中継された新年の演説でペースの配分を誤り、4万字の原稿の半分程度しか読み上げる事が出来ませんでした。数年前なら演説に交えた即興も好意的に迎えられたでしょうが、今は「まるで放送事故」とメディアに切り捨てられる始末。
 この二人の大統領。共通項は「初心貫徹」にあります。少々人気が落ちても、選挙で公言した大まかな方針を曲げず、自分色を主張し続けました。その意味では、おそらく誠実な政治家と評価されるべき人々なのでしょう。
 御二人とも一昔前には圧倒的な支持を得た大統領です。
 元々ブッシュ大統領は「戦争は長引く」と公言しておりました。盧武鉉大統領も「北が核を持ったっていいじゃないか」とおっしゃっていた。状況は特段変わっていないのです。変わったのは国民の受け取り方。おだてられて屋根に上ったらハシゴを外され「全部おまえのせい」と酷評される御二人がややお気の毒に思えます。
 もっともブッシュ大統領の方は後世、別の評価を与えられる可能性が強いとも思いますが・・・。
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-26 13:24 | 時事

続・鬱々

 日本は一人が一票を持つ、政治的平等が保障された社会です。
 決して効率のよい社会ではありません。政治学、社会学、歴史学、政治宣伝等々を極めた学究の徒も、そうでない人も、共に同じ一票を持つからです。
 選挙の争点に関し、一定度以上の見識を持つ投票者は少数派です。どの選挙においても政治的権利を行使しない「投票棄権者」が大勢いる事によって、それは明らかです。
 ヒトラーは民主政治を「無責任な体制」だと弾劾いたしました。
 政治家は主権者たる国民に「選ばれた」人間に過ぎません。彼の義務と権利は国民から発したものです。彼が失敗すればそれは政治家の責任ではなく、国民の責任です。その責任は何処へ行くのか??数百、数千万の有権者の間に散らばってしまうのです。霧散してしまうのです。政治家も国民も、互いに責任を取らない体制、それ故に、なんの見識も持たない者が、極めて安易に投票し、先行きが決まってしまう政治、それがヒトラーの言うところの「無責任」です。
 ヒトラーは一部の人間がすべての責任を担うべきだと考えました。そしてすべての責任を担うからには、すべての最終決定権はその一部の人間にのみ与えられるべきだと主張いたしました。
 このようにして、アドルフ・ヒトラー氏は人間らしい過ちを犯しました。
 ヒトラーは自分の欠点を過小に評価しました。自分の能力を過大に評価しました。病や加齢による能力、意欲の減退を計算に入れませんでした。ドイツはヒトラーの肉体に結ばれ、彼の肉体の衰弱は帝国に深刻な打撃を与えずにはおきませんでした。
 より完全な社会がどのような姿、どのような政治をとるかは、誰にもわかりません。(もしその回答が用意されているなら、社会はその方向に向かっているはずですから)
 Rotaがよく引用するGuicciardiniは民主を「次善のもの」と否定的な肯定で是認しております。衆愚政治は独裁政治よりはましであると。
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-25 16:45 | 私事

鬱×スランプ

 相変わらずスランプです。一度落ち込むと長いですね。
 例によってスランプ脱出のため読書三昧です。かたい本を読む気分ではないのでFT本を斜め読み。
 マカヴォイの「世界のレンズ」「死者を統べるもの」、「ダミアーノ」「サーラ」「ラファエル」の三部作。「死者の王」も三部作のはずですが、最後の一冊は訳本が出ていない(汗・・・よほど売れなかったのでしょう・・・レイモンドEフィーストのリフトウォー・サーガ全巻もついでに読み直し、この方面は弾切れ。

 秘密兵器投入。
 手持ちのCDで下地を入れてからYouTubeでCassandra Wilsonを検索。
(T-T; )いつ聞いてもいいなぁ・・・

Cassandra Wilson - Harvest Moon

Cassandra Wilson - 32-20

ちなみにカッサンドラ(Cassandra)は普通、凶兆をあらわします。(ギリシャ神話、トロイアの女預言者の名前。木馬のもたらす破滅を予言しました。もっとも現代的には耳に痛い忠言を囁くイメージもあり、負と正の中間あたりの存在でしょうかね?)

Tears for Fears - Sowing The Seeds of Love
歌いだした途端に別世界の迫力なのが、さすが。

猫はわが一族ではネコダミンと呼ぶほど鬱に効くとされています。ハイ。
一日三服ネコダミン
一錠目
二錠目
三錠目


[PR]
by rotarotajp | 2007-01-24 12:44 | 私事
「天皇だけが日本を変えることができる」
ざっくばらんにいって、ここまで気合の入った意見はこれまで聞いた事がありません。「天皇が憲法の上にある」という、誤認に基づいた表題、「東アジアの未来を考えれば余りにも自明」というダメオシ、「日本が変化するよう圧力を加えていく」という結論。あまりといえばあまり・・・。そりゃ御無体な!の、心の叫びを短く・・・。
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-20 13:12 | 時事

スランプ

 全般的にあらゆる方面でスランプである。わが??年の青春人生にこれほど精神の荒廃した時代はなかった。感情は平坦かつ過剰、発想陳腐、全体に満足感が希薄。これはいかん。嬉しいとか哀しいという感情が厚ぼったい壁の向こう側にしか感じられない。こーなってしまっては人間終わりだという事で、珍しくお酒を飲んでおります。

 で、最近「ザ・ホワイトハウス」(米のTVドラマ)第二シーズンを一気に鑑賞。
 大統領のスピーチが憎いほどカッコイイ。(宗教がかった上に過激なので、実際の政治演説では使えなさそうなのですが)見れば見るほど才能あふれるこのドラマの脚本家に黒い嫉妬がドロドロ噴出。格調高い文章ってのは本当に、本当に才能がないと書けないのです。この脚本家にはそれがあります。ドラマの絵空事と知りつつ感動してしまう。調べてみると製作総指揮兼脚本家はAaron Sorkin・・・・憎いぃぃぃぃ・・・・ちなみに大統領役のマーチン・シーンの一話あたりの出演料は2002年当時30万ドルだそうで・・・憎いぃぃぃ・・・・・・゚・(つД`)・゚・ 嗚呼、俺はだめだぁぁぁぁ・・・悪霊化しておる
[PR]
by rotarotajp | 2007-01-14 14:39 | 私事