日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

欝欝

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-36698020090226
http://www.reuters.com/article/latestCrisis/idUST127880
「金融危機でアジアの自殺増加、韓国や日本が深刻」
FEATURE-In Asia, suicides rise due to financial crisis
ロイターがでっかい記事にしてました。

 最近近所の古本屋さんに行くといい本がない。本当にない。こんな本みんな読んでるのかぁ、というしょうもない本ばかり。いい本は手元にとどめて置くからかな・・・いつか落語家の談志氏が「文化程度の低いところほど立派な文化会館が建ってる」といって笑いを誘っていたけど、そういえば近所に凄まじく立派な会館が建っている。最近は予算が厳しいのか、この巨大な建物の清掃が行き届かないようで、全体がなんとなくくすんできている。ペンキの塗りなおし、きっと大変です。

 お、サウンド・オブ・ミュージックやってますなぁ・・・
 いい女の人はいいなぁ。
 その人の周りだけ天国になっている。しょうもない女の人のまわりが地獄になってるとの対照的です。どうでもいい女の人のまわりは空気ですな。男のまわりには毒気が漂っている。それがまたいいのですがね。
 ふむぅ。
 子供の頃きれいだなぁと思ったのは「フラッシュダンス」のジェニファー・ビールス氏。ちょうど流行ってました。最近「Lの世界」に出て人気再燃したそうです。このTVドラマはもう一人の好きな女優さんでマーリー・マトリン氏も出ているので、なんとなく見たいと思わないでもないのですが、少女マンガの星の瞳の世界っぽいのでパス。

 なんかオモロイことはないもんですかねぇ。
 いいかげんこの欝を払わなくては・・・。
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-26 21:45 | 私事

薬缶夜話

「ごめん」
「へい、いらっしゃりませ」
「うむ、ごくろうであるな。おまえは当宿屋の何だ?」
「へぃ、手前、当宿屋の若いもんでございます」
「なに若い者?若い者にしては、ずいぶんと頭が禿げておるな」
と、短い笑いを取るのが御存知、落語の「宿屋仇」。

 禿げる禿げないは意外に大問題である。

 かくいうわたしも、祖父の一人はツルツル、もう一人はフサフサで、いつ遺伝子の悪戯があるかわからない。
 なにせこの偏食とストレスの社会。久しぶりに旧知の友に会ったりすると「あっ」と驚く例も少なくない。立派な波野波平になって、頭頂に一筋、ひょこっと立っている。
 それを何よりも大事にしている。
「や、最近ちょっと薄くなってね」「昨日、床屋に行ったから少し薄く見えるかもな」
 片手で掴んでピっと抜いたらきっと殴られる。本気で殴られる。いや、絶交される。

 生半可な奴ならきっとこう言うだろう。
「小さな事にこだわりやがって。昔のお前はそうじゃなかった。もっと大きい男だった。ショーン・コネリーを見ろ、いまの厚生労働大臣を見ろ。かっこいいじゃねえか」
 これはいけない。
 本人も一度ぐらいはそんなことを考えて鏡を見ている。
 鏡の前でじっくりと自分を見て、縦から見ても斜めから見ても、後ろから見てもショーン・コネリーじゃないとちゃんと気づいている。
 似てんのは上から見たときだけだ。

 難しいのである。
 ちゃかしているわけではない。
 われとわが身を案じて書いている。
 と、いうのも今、鏡を見つめつつ、わが額の際の毛がやや後退してきたような・・・いや・・・うぬ・・・しかし・・・これは・・・・
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-25 20:50 | 私事

観た

 アメリカ大統領の議会演説。
 三本柱はエネルギー革命、医療革命、教育革命。子供は勉強せいとよ。ゲーム関連株は下がりそうだなぁ。
 ここまで断言されては日本製品、もうアメリカじゃ売れない。外国製品を買う人間はアメリカ人じゃないといったも同然の雰囲気に感じられた。保護主義を排す、されど我は別、ってね。いつものジャイアニズム。
 在日米軍の縮小撤退みたいなこともあるかな。軍事をはじめとするえらいコストカットを匂わせてたけど・・・日本はアフガンだけじゃなく、自国の安全確保、つまり最終的には「軍拡」まで求められるのかも。 
 これは午後の市場の評価が楽しみなような怖いような。
 東京、というか日本にはどちらかというとマイナス・・・かな・・・。ううむ、わからん。あと数分。
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-25 12:28 | 時事

陰惨無残

 もう毎年恒例の投稿ですが・・・
 昨年の自殺者数が32000人を越え、11年連続の3万人越えが確実になったそうです。この数は確定数で、捜査の進展によってまだまだ増えるはずであるとか。
 ぶっちぎりで先進国ワースト一位。
 男女別で見ると、女性の場合は他の国と同じように70代以上の人の率が高いのですが、男性の場合は50代が一番高く、左右になだらかで、いわば富士山型になっています。中でも30代~40代の率が大きいのは特に珍しい現象で、これも先進国ワースト一位なんだそうです。これは常識的に考えれば、自殺にいたる大きな原因の一つが、日本の場合は加齢に伴う病苦等ではなく、貧困であることを暗示しているように思われます。
 すこし視点を変えれば、国民皆保険制度等の優れたシステムによって、加齢の痛みが他国に比べ和らげられているからこその、この結果。もし将来、万が一にもこの医療制度が崩れたりすると、他国同様、加齢と共に率がぐんぐんと上がって行くのかもしれません。60代から一端下へ折れるグラフを、他国のグラフの形にあわせてそのまま上へ引いていくと、恐ろしいような率になります。10万人あたま200人ぐらいになってしまうのではないでしょうか?日本が死守すべきものが理解できようというものです。
 このテーマはわたしには異様に思えましたので、もう何回も書いていますが、特別問題視されているのも聞きませんし、何かが変わっていくという事も聞きません。つまり日本においては大きな問題なのではないのかもしれない。連日のトップニュースでもおかしくないと思うのですが・・・。国の文化は色々ですから、それはそれで一つの、まあ、選択なのだろうなぁ、と思います。共感しろといっても、それは無理ですけどね。

 どこに根があるのかなと、色々と考えてみれば忠臣蔵なんておかしい。
 艱難辛苦の末、ようやく主君の仇を報じて、勲章でも貰ってハッピーエンドかと思いきや、泉岳寺に生首奉じ、それぞれに切腹の命を受けて、ズバっとお腹の皮を一文字。これが美談でまかり通る。
 けっ

 さて、
 ジョン・フォード監督の「静かなる男」をぼんやり眺めながら、あ、これは宮崎駿氏のラピュタのシーンだ、とふと思いつきました。さすがに名監督だけに、色々な人に影響を与えているのですね。時代を経た、遠い極東の監督にまでリスペクトされている。はて、するとあの炭鉱の町は「わが谷は緑なりき」か、とニヤリ。
 「静かなる男」や「わが谷は緑なりき」には、その映画の隅にアメリカへの憧れが塗り込められていて、夢の国アメリカの今の惨状を、この映画を観て育った人が知ったら哀しいだろうナァなどと一考。
 嗚呼、しかし、いいなぁ。ジョン・フォード監督。

 連想で言えば、最近、山本周五郎氏の短編「殿様と泥棒」(だったかな?)が、落語の「貧乏神」をモチーフにしていることにはじめて気づきました。

 日々是勉学といいながら、なんとまだ吾の浅学なことよ。
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-24 19:56 | 時事

チャート

d0052110_13112356.jpg


 84年に日経平均が10000円を超えます。(上のチャートは日経225)
 新紙幣が出た頃です。
 アメリカの大統領はレーガン氏。日本は中曽根氏かな?

 80年代の半ば、プラザ合意の後、いよいよ日本がバブルに向かう時期に、ソ連ではゴルバチョフ氏が書記長に就任します。その後五年間のソ連はまさに疾風怒涛でした。
 グラスチノスチ、ペレストロイカ、そしてデタント。
 今となっては懐かしいなぁ。

 87年に本格的バブルの時代に突入。
 狂乱地価の時代です。地上げなんかが横行して、都心の畳一畳分の土地が何十億とか、日本の地価総額でアメリカが数回買い切れるとか、あきれ果てるバカっぷりをさらしてました。
 アメリカで株が暴落しても日本は我が世の春。
 89年には日経平均約38900円。

 わずか五年で日経平均株価は約四倍になったわけです。
 暮れのニュースは「来年は5万円台がみえる」予想なぞで盛り上がっていました。

 ところがすでに89年から内部の崩壊は始まっておりまして、年が明けてみると、オイルショック以来の経済成長の終焉がすぐそこに迫っていたのです。
 日銀の金融引き締めと共に株価は一気に下落。

 日経平均は2000年に大胆な銘柄入れ替えをやっているので、ITバブル崩壊あたりのチャートは過去との連続性に欠けます。ITという巨大な社会変動を内部に取り込み、より経済の実態に近い数値にしたという側面がその不都合を打ち消しているとは思いますが・・・それを含みつつ・・・

 今年の2月20日トピックスは25年ぶりの値を記録しました。つまり1984年以来。外国人が皮肉っぽく「アメリカがひどいと思うなら日本を見てみろ。やつらは二十年も不況やってるんだぜ」といってるのは、まあ嘘でもないわけです。84年当時、麻生太郎氏は44歳。政界入りして5年目です。中川昭一氏は初当選の一年生議員でした。


 出生数が死亡数を下回り、人口の自然減が始まったのが2005年。出生率は89年の1.57%ショックを境に、バブル崩壊の進行と共に下がり続け、今は1.2~1.3の前後だったと思います。ちなみに出生数減少の理由を聞くと、一位が「お金がかかるから」(58.2%/1997年調査)、二位が「経済的に負担がかかるから」三位が「仕事と両立させられないから」だそうです。「子供が欲しくないから」という人は、この当時でも一割程度しかいません。

 人口減は当然経済の縮小につながります。
 出生率を見る限り、今後も日本経済の縮小傾向は新しい人口増加(移民?)がないかぎり、変わらないはずです。内需型経済への変換を求められている以上、衰退はこれまでも早く、激しくなるでしょう。


 ところで与謝野大臣、「能力はないが体力はある」と三職兼任を引き受けられたとのこと。日本人にはわかっても外国人にはわからない。能力がないのになぜ引き受けるのか?次の財務金融大臣は自ら三職を兼ねる能力がないと認めたと、とられはしないのでしょうか?(幸いにもそうした部分をクローズアップして報道しているところはないようですが・・・)
 シラフなだけに酩酊以上の問題です。このような言葉を発信しても大丈夫、と判断しておられる、その判断力が・・・・。
 これも、以前に書きましたが、この方の手腕に再生の希望を託す国民としては、きっと何か意図ある御発言なのだと信じるほかない、それにしても・・・どうも・・・
 ガイトナー氏が、健康だけど能力はないヨ、といっている姿は想像ができません。もし今この瞬間に、長官がそんな発言をしたなら「じゃあ辞めてよ」とメディア・国民の総攻撃を受けるのは必至。オバマ大統領の政権運営能力にも疑問符がつくことでしょう。

・・・次の総裁候補にも推されておられるそうですが・・・・
 もし能力がないとお感じになられているようならな担がれないでくださいね。
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-21 13:13 | 時事

舌禍

自分の口調が嫌だったので全文打消し。反省・・・

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090219AT3S1800R18022009.html

与野党の合意を探ってるなら内々でやればいい。
なぜ責任者がメディアに「与謝野財務相「日本経済底抜けを懸念」 衆院予算委」と書かれるような公の発言をするのでしょう?
酒よりこちらの方がよほどひどいし、良識を疑います。
問題の解決につとめるはずの行政の責任者が口にする言葉とは、とても思えません。

こうしたことをアナウンスすると「底抜け」の懸念が薄まるとでも言うのでしょうか?
例えば「みなさん、明日は地震が起きるかもしれません」とアナウンスしておいて何もフォローを入れないなんて事はありえません。「地震が起きる」と発表するのは、人を不安に陥れるためではなく、対策を周知徹底させ、その被害を最小に食い止めるためのはずです。
そうでなければ百害あって一利もないではないですか。
つまり予算成立の見込みがついてから、またきたるべき補正のの内容とセットでいうべき言葉です。
対策を打てない段階で、わざわざ最大級の悪い見通しを、しかも意味の曖昧な言葉で、対策責任者が世界に垂れ流してどうしようというのでしょう?

この方は政策通の実力者という触れ込みですが、就任以後の御発言はいちいち理解に苦しむものばかりです。かならず「財政健全化」のワンフレーズが入るのも理解できない。健全化はいいにしても発表する場をせめてわけるか、時期をずらすかできないものなのでしょうか?発表する人を別にするだけでも効果がありそうです。常に財政出動とワンセットで繰り返してその効果を中和させておられます。こんな方法で日本人ならともかく、外国人にアピールできるはずがない。
外国の記者は「あの大臣は日本経済崩壊の危機を認識しているが、財政均衡を優先させなくてはならないから全力で立ち向かうつもりはないようだ?」と判断しますよ。
意味が通らないし無茶苦茶だけど、それ以外にこの一人の人物の中の分裂をどう理解せよというのでしょう?
ニクソン以前の政治。いや、ヒトラーやムッソリーニ以前の政治かもしれません。
この際、優秀な外国の政治PR会社の雇用を考慮してみたらどうでしょう?

[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-19 21:20 | 時事

心臓

 ゲロコミーという、何やら日本語にすると汚い発音の若返り法がドイツで話題になった時期があるそうです。内容は要するに(男が)若い女性を周辺に配置しておくと歳をとらないという、実に即物的というか、動物的な思想です。
 イタリアで女学校の校長をして115歳まで長生きをした人物があるのだそうです。ゲロコミーはこうした例を「学校の少女らが発散する体臭」が寿命を永らえさせたのだと考えるのです。(匂いのエロティシズム~集英社新書、他)
 同様のものとして旧約聖書に起源を持つシュナミティズム、他にレクタミア、バンドリングなどがあるそうですが、これ全てコトに及んでしまっては効果がない。
 そういったところは道教やらの「もらさず」の思想と同じです。

 子孫繁栄の道をやたらと無分別に突き進んでば、雄は役割を終え、早死にしてしまいます。カマキリをはじめ、そうした種は多くあります。
 つまりヤラズブッタクリが雄にとってはよいのだと、こういう御ハナシなわけです。
 秘するが花といい、また煙になった後に知れともいって、男文化の多くで人間の動物的性格の一部が秘匿されるのは、性愛が暴力に負けず劣らず雄の寿命を削るからなのかもしれません。

 さて、愛といえばやはりハート、心臓です。中世ヨーロッパでは、心臓は愛と感情、敬神の棲家でした。SHE BROKE MY HEARTなんてのは、即物的にその辺を描写したもので、女性が男性の胸に白い手を突き入れて、彼の心臓を文字通り握りつぶして破壊してしまう、そうした恐ろしいイメージなのであります。
 バレンタインのチョコが心臓型なのは心臓を食べてくれということですから、これもよく考えれば怖い。カニバリズムの変形ですね。まあ、食欲と性欲は源がだいたい一緒の所にあるそうですが・・・。
 愛が心臓にあるなら、知性は頭脳にある。これは結構昔から認識されていたようです。太古の昔から知性と愛はベツモノ。むべなるかな、社会的地位の高いおっさんが買春で次々と捕まるのも無理なきことなのです。

 日本の場合、知性の方はどう捉えられていたのか知りませんが、魂は肝にあるとされていたようです。ハラ掻っ捌いて、そこに邪悪なものが隠されていないことを見せる。それが切腹です。「みろ、なにも隠されていないぞ」と自分をさらす行為なのです。
 ハラに力を込めろ!とはいいますが、胸に力を込めろ!とはいわない。心臓の地位は欧州に比べると低かったようですね。

 さて、すべての生物にとって生殖欲求が行動の主動機であるとしたなら、この人間の世は実に倒錯した異常な世界といえるでしょう。愛を心臓やらチョコやら内臓やらに仮託したり、はたまた長寿のために衝動を無理に押し殺したりする。
 愛を「すえた臭いを放つ固形化したロマンティシズム」といったのは誰だったかな・・・ううう・・・本を探すのが面倒なので飛ばしますが・・・・我慢に我慢を重ね、そういう状態に加工しても、愛はそれなりに美味なものなのかもしれません。
 根岸鎮衛の「耳袋」(東洋文庫)に「女妖の事」という一節がありました。
 何のことだと読んでみたら、八三歳の女性が五六歳の男性と夫婦になりたいと願い出たというお話しでした。よほど恋しあった間柄だったのでしょう、主人の名主新右衛門の許しがなければ駆け落ちしてでも一緒になるという。致し方なく許しを与えて一緒にしたところ、近頃まで腰の曲がった八十代の女性だったのが、立ち居振る舞いから何まで、五十代にも若返って見えたそうです。
 それが妖怪じみているから「女妖」。ひどい題ですが、人間の面白い生理の一面をよく表していると思います。
 とまりかけてた心臓が元気に動き出すのかもね。
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-17 20:38 | バロック

ずずず

 花粉が・・・
 もうね、この世の花粉という花粉を全部集めて丸めて宇宙に捨ててきて欲しいですな。

 ・・・(ずずずず)

 どごろで・・・、
 無知をさらすようですが、今晩、来日したヒラリー国務長官が小沢党首と会談をするとのことですが、これは外交の世界では普通のことなのでしょうか?

 だって日本の外務大臣が訪問した友好国の野党の党首と会談って、ちょっと考えられません。内政干渉でせう。
 そうした視点の報道がないということは最近はこういう事が慣行になっているのかしら・・・・。半敵対国ならありうると思うけど・・・。

 まあ、報道どころか政府も与党も文句を言っていないようですから、マトモなことなのでしょう。妙な感じですが、たぶん日本外交独自の慣行なんですね。色々とわからんシキタリがあるからなぁ。

 で・・・
 会見して何をするかというと、まず真っ先に思いつくのは、政権交代後の対応と引き換えに、今は予算、補正予算の成立に「とにかく迅速に、全面協力せよ」と小沢党首に「厳命」しにいくのかもしれません。
 ま、もしそうならそれ自体は大歓迎ながら、なにか釈然としない・・・ううむ・・・

 現政権はおそらくそうした協力と引き換えにアフガンと米国債購入を約束したのではないでしょうか。
 オマケでオバマ大統領との引退会見までセットしてもらっちゃってホクホク・・・
 とまで邪推するのはヒドイか。

 最近モノの見方がからくなりました。
 こんな妄想ばかりです。
 すべて花粉症が悪い。
 きっと抗ヒスタミンの作用ですな。
 (ずずずずず・・・・)
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-17 18:13 | 時事

風邪薬

・・・・風邪薬と酒を一緒にしちゃったのかな。
お薬は使用上の注意をよく読まねば。
たいがい酒と一緒に飲むなと書いてある気がします。

今日になってみれば外交上の付き合いとか仕事の上の飲酒ではなかったようですし(よくわかりませんが・・・)何か深刻な病でもなかったようですし、風邪気味だとか、疲労と寝不足は勿論あるのでしょうけど、体力的にやれないということなら、なにせ大勢の幸福を預かる御仕事なのですから退任なさるべきかなぁ、と。
優秀で体力も気力もバッチリな方はきっと他にも大勢おられます。
それにつけても政治家付の記者さんは良くも悪くも担当の政治家の出世と共に地位が上がるもの、と聞いていますが「大臣、休まれたほうがいいのではないですか?」と一言いえるような大人はいなかったんですかネ。

あともう一人が与謝野大臣閣下。青白い顔で「戦後最悪」とか、メディア人でも評論家でもないのに普通に連呼しないで・・・(涙 さらっと数字を言うだけでニコっと引き下がればいいのに。どうせ米国などの分は発表済みの古い数字。その時にも下げて、もう日本の市場も予測値で織り込み済みだってのに、日本だけ二度去年の末を繰り返すようなもの・・・。
この世にはアナウンス効果というものが・・・・。責任ある人が不景気だといってると益々不景気になる。この大臣の御発言は、消費増税も含め、日本を不景気にしたいのだとしか思えない。経済は人の気持ち、心理ですもの。せめて補正予算の具体的内容とセットにして連呼してくだされ・・・それまでは沈黙を・・・・。

もしかすると円安誘導のためかもしれませんが、そも世界中が喧嘩(戦争・経済戦争・保護貿易・ブロック化)ということになったら、守り手のない円なぞたちまち紙切れ。一体何が円の信用を裏づけしてくれるというのですか?円と引き換えにできる何が日本にあるというのですか?(話題のメタンハイドレードですかね・・・)よくよく落ち着いてみれば円天でした、なんてね。ドルの付属品のような通貨の価値をさらに下げて景気対策って倒錯です。

国がなくなる、通貨の価値がなくなる。
そんな普通のことが考えられなくなってるんじゃないかしら?世界を二分する一大勢力だったソ連が崩壊したのはつい最近。子供の頃は、ソ連なんて永遠にあると思ってました。あのソ連ですらルーブルの価値を守れなくなった時期があります。
日本のごとき裸体国家が統率力を欠く政府に率いられて、この台風の中を航行しなくてはならないとは、なんとまぁ、危ないことでしょう・・・。

もっともアメリカじゃありませんが、扇動家じみた変なおっさんが出てこないのは、さすがに日本。
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-17 01:43 | 時事

大丈夫なのかな?

 中川財務・金融相の眠そうな御顔が世界的にニュースになっています。
 大変に珍しいことです。
「15時間のジェットラグは同情できるが、何万もの雇用が失われている時にこれでいいのか?」と、辛口のコメントも。
 実際には寝不足なのか疲労なのか、激務のせいか、病なのか、今はまだよくわかりませんが、あんな状態を露出させてしまったということは側近の方々の大チョンボ。

 以前、不祥事を起こした会社の某社長が「寝てないんだよ!」と怒鳴って最悪の結果を招いたことがありましたが、肉体の限界は誰にでも必ずあるものなのですから、そこを調整して最高責任者をちゃんと休ませるというのは、危機管理のイロハのイと何かの本で読んだ記憶があります。

 どんなに能力のある方でも、疲労の極にいれば、あるいは病があるなら、とんでもない行動をしてしまうことがあります。

 アップル最高責任者ジョブズ氏の病気が意外に重いらしい、という観測が出回った途端、アップルの株価が暴落したなんて例が最近ありましたが、日本を代表される方の体調に不安があるかのごとき姿がメディアに露出してしまったのは、かえすがえすも残念。

 途中であっても何か理由をつけて退席させる手はあっただろうに・・・日本の行政府って本当に大丈夫なのかしら・・・。
 今の政府で、今の情勢の中で、一番大事な要といってもよい方なのだから、もっと大切にしていただきたいものです。
[PR]
# by rotarotajp | 2009-02-15 19:15 | 時事