日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

朝鮮の役の其の2

昨日、明国は北が騎馬で南が砲兵だと書きましたが、一般には大陸の軍事の傾向を「南船北馬」といいます。じゃあなんで南は砲兵やねん?というと、軍船には砲兵が付き物だったからです。日本の海戦は、例えば昔の戦記モノなぞを読むと、古来、乗っ取り型、ないし海賊型です。陸の延長を船の上でやる。義経の八艘飛びなどは典型かと思いますが、船を相手の船に寄せて斬り込むわけです。だから船の武装も対人用になっている。(信長の大安宅船が一時期だけその文化を変えたといわれています)ところが大陸の方だとそれが違って、最初から船と船の対決です。船ごと敵をやっつけてしまう。当然、武装は対船用なんですね。だから水軍で有名な「南」は砲兵の産地としても知られていたわけです。またしても怪しげなRota・トリビアでした。
[PR]
by rotarotajp | 2005-09-14 13:05 | バロック