日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

聖女

ジャンヌ・ダルク(Jeanne d'Arc)といえばフランス救国の英雄です。特に名もない田舎の少女でしたが、ある時、神様(ミカエル?)のお告げを受けて大発奮。シャルル7世の元へ赴き、7ヶ月以上、英国軍に包囲され続けていたオルレアンを、わずか9日間で解放。道々の英国軍を打ち破り、ランスの大聖堂で王を戴冠させました。実に摩訶不思議な奇跡的少女なのであります。王の戴冠以降は孤立し、一説には王に裏切られたとも云いますが、英国軍に捕らえられ、過酷な拷問と暴行の末に処刑されました。それが1431年5月30日のこと。そんなわけで彼女は5月30日の守護聖女です。で、何ゆえ突然ジャンヌ・ダルクかというと、その守護分野を今日初めて知ったからです。中世に生きた彼女の守護分野はなんと「電報とラジオ」。神様の声を聞いたからだそうです。(フランス歳時記:中公新書)いわれてみれば、まあ、なるほどなぁという気もいたします。彼女が聖女に叙せられたのは第一次世界大戦後のことで、これはちょうど電報やラジオが重要であった時代です。
さて、こういう神がかりな英雄が現れますと、まわりの人間もおかしくなります。彼女の副官であり、熱烈な信奉者でもあったジル・ド・レは、奇跡の少女を目の当たりにして神様に入れこみ、教会の建設やら聖歌隊やらで恍惚としている間に、莫大な財産を失ってしまいます。その後は領地に篭って錬金術の研究に励み、おそらくは現世利益と縁のない神様に見切りをつけて、悪魔崇拝に精進。近郊の少年少女をさらい、城に連れ込んでは殺害。被害者は1500人にも達するというから恐れ入ります。やがて悪行が発覚して聖女同様、火刑に処せられました。
d0052110_22454369.jpg

[PR]
by rotarotajp | 2005-12-06 22:50 | バロック