日々是勉学


by rotarotajp

夏の月

 濁点一つで大違い。ハケ(刷毛)に毛ありハゲ(禿げ)に毛なし。
 
 篤志家、読書家はあって篤志屋、読書屋はない。
「好きな本を読むのだから金を寄越せ!」といっても通りません。

 政治家はあって、政治屋はない。
「好きに政治をやるんだから金を寄越せ!」

 作家があって作屋はない。
「好きに書くんだから金を寄越せ!」


 夏の季語に「暑し」があるのは当然として「涼し」があるのは意外な気がします。でも考えてみれば涼しさを体感するのは暑い時。

口紅の いささか濃きも 涼しけれ   万太郎

 色っぽいけど涼しいか?といわれれば涼しくないようです。かえって暑い。

涼しさは 錫の色なり 水茶碗   信徳

 ううむ・・・

おき上がる 草木の影や 夏の月   蝶夢

 「涼し」はないけど、これは涼しい!
[PR]
by rotarotajp | 2009-05-03 19:36 | 私事