日々是勉学


by rotarotajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フィアット

 最近フィアットの名をよく見ます。
 フィアットはイタリア・トリノに本拠を置くイタリア資本主義の牙城のような存在で、もちろん第一義的にはイタリアを代表する車メーカーであります。ルノーやプジォーばかり走っているフランスの国境をまたいでイタリアに入ると、今度はフィアットばかり走っています。イタリアの国民企業なんですネ。
 欧州というのはEUになってからも地域根性というか、愛国心が根強く残っているようで、例えばイタリアでドイツ車などに乗っていると「なんでドイツ車?」という顔をされることもあるようです。名前からしてそのまんま、という車はドイツのフォルクス・ワーゲンですかね。ヒトラー総統の命令でつくられた国民車。フォルクス、というのは訳が難しいそうですが、英語だとフォークです。日本でいえば郷土民車みたいな響きがあるのではないかと思います。そんな名前の車がまだブイブイ走っている。
 そういえば007がイギリス車に乗らず、外国車に乗っていたというので政治問題になりかけたこともありました。
 さて、イタリアのフィアットがアメリカの大企業、クライスラーを救済する。
 イタリア人にはこたえられないのではないでしょうか?
 なにせバチカンをローマに抱えるイタリアは、われこそは欧州の中心という意識を持っています。(もちろんバチカンはイタリアでもローマでもありませんが・・・)
 過去、ローマこそは全欧州を統一する存在でした。ドイツの皇帝は「カイザー」を名乗ります。これはローマ帝国のシーザー、カエサルです。ナポレオンのエンペラーもローマの「支配者/帝」(インペラトゥールでしたっけ?)を意味する言葉から来ています。神聖ローマ帝国はもちろんローマのお鉢を継いでいる。
 ローマこそは世界首都であり、その世界首都を抱えるイタリアは世界の中心的地域であるはずなのです。
 その偉大な国が、ローマ帝国の崩壊以降ずっと列強の食い物にされてきました。
 イタリア人はもっぱら出稼ぎで生計を立てざるを得ない。優秀な人間はフランスやスペイン、ドイツ諸侯の宮廷に出向いて出世をもぎとりました。
 大戦後は新興国のアメリカにまですがって生きる始末。
 映画「ゴッドファーザー」で通り過ぎるGIに「アメリカに連れて行ってくれよ」と頼む若者が出てきますが、それほど落ちぶれてしまった。
 そのイタリアの老舗企業が、ついにアメリカの大企業を救う。
 バルルスコーニ氏は女性問題で奥さんに三行半を突きつけられているということですが・・・政治はともかく、経済界には長年の溜飲を下げている大物がきっといることだろうと思います。
[PR]
by rotarotajp | 2009-05-04 19:55 | 時事